神戸学院大学

大学紹介

小矢野 哲夫

(コヤノ テツオ)
小矢野 哲夫
所属
グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 日本語コース
職名
教授

学歴・取得学位

  • 1973年 神戸大学文学部 卒業
  • 1976年 東北大学大学院文学研究科博士課程の前期2年の課程修了
  • 1978年 東北大学大学院文学研究科博士課程の後期3年の課程退学
  • 文学修士(1976年3月 東北大学)

主な職歴

  • 1978-1980 大阪外国語大学 助手
  • 1980-1983 大阪外国語大学 講師
  • 1983-1994 大阪外国語大学 助教授
  • 1994-2007 大阪外国語大学 教授
  • 2007-2015 大阪大学大学院言語文化研究科 教授
  • 2015-    神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部 教授

所属学会

日本語学会、表現学会

主な研究分野

日本語学(現代日本語文法)(キーワード:モダリティ副詞、言語行動、語彙・意味)

主な研究課題

  • モダリティ副詞の意味・用法
  • 言語行動と言語表現
  • 顔の表情と声の表情の記述法
  • 国会会議録を利用した日本語の研究

主な研究業績

  • 【論文】 2016年3月 国会会議録を用いた日本語の研究 単著 雑誌『神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学会紀要』 創刊号、p.55-70
  • 【論文】 2013年2月 日本語の攻防【文法】婉曲表現「のほう、みたいな」─丁寧さと規範のぶつかるところ 単著 雑誌『日本語学』 第32巻第2号、p.62-70
  • 【著書】 2010年6月 世界をつなぐことば 共著 三元社 
  • 【著書】 2006年10月 日本語文法の新地平2 文法編 共著 くろしお出版
  • 【書評】 2016年1月 塩田雄大著 『現代日本語史における放送用語の形成の研究』 単著 雑誌『日本語の研究』(学術雑誌) 第12巻 1号、p.35-42

審議会・委員会活動

  • 大阪大学大学院論文審査委員会 委員 2015
  • 豊中市男女共同参画審議会委員 委員、会長代理(2006-2008) 2004-2008

地域貢献活動

  • 2012年2月 大津市職員人権研修 講演(言語表現形式の男女差、言語表現による性差別について)
  • 2010年2月 明石市立高齢者大学校「あかねが丘学園」 講演「日本語とジェンダー」

講演会実績

  • 2016年10月29日 公立鳥取環境大学 方言探究講演会「が、があ、がな、がん-倉吉方言の文末表現の一端-」
  • 2014年6月 大阪大学言語社会学会 大阪大学社会言語学会記念学術講演会 講演「発話に伴う顔の表情、声の表情」
  • 2013年10月 大阪大学21世紀懐徳堂 第45回 大阪大学講座 講演「外から見た大阪の言葉」

講演・取材可能なテーマ

  • 日本語とジェンダーの問題
  • 言語表現と言語行動(特にモダリティ副詞の言語行動における運用について)

自己PR・共同研究の提案等

ビジネス日本語のテキスト作成