神戸学院大学

大学紹介

柴田 淳子

(シバタ ジュンコ)
所属
経済学部 経済学科
職名
准教授

学歴・取得学位

  • 2000年 広島県立大学 経営学部 卒業
  • 2002年 広島県立大学 経営情報学研究科 経営情報学専攻修士課程 修了
  • 2005年 広島大学大学院 工学研究科 博士後期課程 修了
  • 博士(工学)

主な職歴

  • 2005年~ 神戸学院大学 専任講師
  • 2008年~ 神戸学院大学 准教授

所属学会

日本オペレーションズ・リサーチ学会、電子情報通信学会、システム制御情報学会、日本経営システム学会、日本経営工学会

主な研究分野

データマイニング(多変量解析、テキストマイニング、情報の可視化)

主な研究課題

  • 消費者選択行動の分析とその可視化方法
  • 学生の学習意欲向上を目指した講義支援システム

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基基盤研究(C) 代表 学習コンテンツの質的向上を目指した数理モデルによるインセンティブ設計支援 2014年度~2016年度
  • 若手研究(B) 生体情報処理に基づく購買エージェントを用いた店舗内レイアウトの可視化支援システム 2009年度~2011年度
  • 若手研究(B) MASを用いた購買行動の分析と潜在的行動パターンの進化論的獲得に関する研究 2006年度~2007年度

主な研究業績

  • 論文 2016 A Study on Teaching Methods of Mathematics Subject in the Faculty of Economics 共著 ICIC Express Letter  vol.10,No.2,pp.363-369
  • 論文 2014 Improvement of Achievement Level Using Student's Relational Network 共著 MISNC2014 pp.334-344.
  • 論文 2011 商品選択行動の意思決定におけるDecoy Effectの可視化 共著 第47回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集 pp.112-113.
  • 論文 2008  Application of Confidence Level based on Agent's Experience to Improve Internal Model 共著 International Journal of Innovative Computing, Information and Control  Vol. 4, No. 5, pp. 1161-1168.
  • 論文 2007  Effect of Consumer's Satisfaction Degree based on Multi-agent System Using Logit Model for Reference Price  共著 Asia Pacific Management Review Vol.12, No.6, pp. 322-326.
  • 論文 2007 "Q学習を組み込んだエージェントから構成されるSugarscapeモデルによる人工社会" 共著 電子情報通信学会論文誌 Vol. J90-A, No.1, pp. 35-43.
  • 著書 2017 社会科学系学生のための基礎数学 共著 共立出版
  • 著書 2012 経済・経営を学ぶ学生のための基礎数学 共著 共立出版
  • 著書 2011 経営システム学への招待 共著 ,日本経営システム学会編, ISBN:978-4-535-55675-1,日本評論社 11.2節(pp.289-295)

講演会実績

  • 2016年7月16日 日本OR学会関西支部研究講演会 学生アンケートを考慮した学習意欲向上のための授業設計
  • 2015年3月6日 兵庫県立神戸高塚高等学校 模擬授業
  • 2014年12月18日 兵庫県立西宮南高等学校 模擬授業
  • 2011年2月19日 日本OR学会「ソフトコンピューティングと最適化」研究部会第11回研究会 消費者選択モデルに基づく商品選択に関する意思決定過程の可視化方法
  • 2008年8月28日 日本OR学会「価値の創造とOR」研究部会第2回研究会 変数組合せ法による消費者エージェントを用いた店舗内購買シュミレーション
  • 2007年11月14日 日本OR学会「知的決定支援の理論と方法」研究部会第3回研究会 強化学習を導入したエージェントから構成されるマルチエージェントシステムの分析