1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 経済学部
  6. 平井 健之

情報の公表 - 教員総覧(経済学部)

平井 健之(ヒライ タケユキ)

所属
経済学部 経済学科
職名
教授

学歴・取得学位

1984年 兵庫県立神戸商科大学商経営学部経済学科 卒業
1990年 兵庫県立神戸商科大学大学院経済学研究科博士課程 単位取得満期退学
経済学修士(神戸商科大学)

主な職歴

  • 1990-1996 熊本学園大学経済学部 講師
  • 1996-2016 香川大学経済学部 助教授、教授
  • 2016-    神戸学院大学経済学部 教授

所属学会

日本経済学会、日本財政学会、日本地方財政学会

主な研究分野

公共経済学、財政学(政府支出、租税、財政赤字、地方財政)

主な研究課題

  • 政府支出と経済成長の因果関係の実証研究
  • 政府支出と政府収入の因果関係の実証研究
  • 財政の持続可能性に関する実証研究

主な研究業績

  • 【論文】 2016年12月 政府支出と経済成長の因果関係-ワグナー仮説とケインズ仮設- 単著 神戸学院経済学論集 第48巻第1・2・3号,19-45頁
  • 【論文】 2015年7月 都道府県財政における収入と支出の決定−ARDLバウンド検定アプローチによる実証分析− 単著 香川大学経済論叢 第88巻第1号、51-74頁
  • 【論文】 2015年3月 わが国におけるワグナー仮設の再検討−ARDLバウンド検定アプローチによる実証分析− 単著 香川大学経済学部研究年報 54(2014)、79-103頁
  • 【論文】 2014年3月 地方財政運営における歳出と地方交付税の関係 単著 香川大学経済学部研究年報 53(2013)、47-72頁
  • 【論文】 2013年3月 地方財政における歳入と歳出の異時点間の関係−都道府県データによる分析− 単著 香川大学経済学部研究年報 52(2012)、25-51頁
  • 【論文】 2012年3月 日本における国家財政と経済成長の異時点間の関係 共著 会計検査研究 第45号、35-53頁

審議会・委員会活動

  • 財務省第11入札等監視委員会 委員 2007年-2017年
  • 香川県行財政改革推進会議 議長 2007年-2016年

講演会実績

  • 2014年11月20日 総務省四国行政評価支局 費用便益分析による公共支出の評価

講演など協力可能なテーマ及び実績

  • 国と地方の財政をめぐる諸問題
ページトップへ