1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 経済学部
  6. 林  隆一

情報の公表 - 教員総覧(経済学部)

林  隆一(ハヤシ リュウイチ)

林  隆一(ハヤシ リュウイチ)

>> シーズ集

所属
経済学部 経済学科
職名
准教授

学歴・取得学位

1992年 大阪大学経済学部経営学科 卒業
1994年 大阪大学大学院経済研究科博士前期課程 修了
経済学修士〔1994年3月(大阪大学)〕

主な職歴

  • 1994-1997 野村総合研究所 研究員
  • 1997-2004 野村證券 金融研究所 研究員、主任研究員
  • 2004-2013 野村アセットマネジメント 主任研究員
  • 2013-    神戸学院大学経済学部
  • 2015-    カネミツ(東証上場企業)社外取締役

所属学会

組織学会、国際ビジネス研究学会、証券経済学会、日本証券アナリスト協会(検定会員,代議員)、日本証券業協会(一種外務員)

主な研究分野

企業ファイナンス論、企業経済論、日本的経営論(企業分析・評価、IR)

主な研究課題

  • コーポレート・ファイナンス、コーポレート・ガバナンス
  • 資本財企業・産業(工作機械・FA機器など)の研究
  • 日本的経営

主な研究業績

  • 論文 2017年3月 The Significance of After-Market in FANUC:Case Study of Platform Leadership Strategy 単著 神戸学院経済学論集 第48巻第4号
  • 論文 2016年12月 プラットフォーム・リーダーシップによるエコシステム領域拡大戦略 単著 神戸学院経済学論集 第48巻第1・2・3号
  • 論文 2016年11月 The Strategy of FANUC's robot business−Case Study of Platform Leadership Strategy− 単著 NATIONAL ACADEMY OF AGRARIAN SCIENCES OF UKRAINE International scientific and practical conference paper(November 2016)
  • 論文 2016年3月 台湾工作機械産業におけるエコシステムの検証 単著 神戸学院経済学論集 第47巻第3・4号
  • 論文 2015年3月 プラットフォーム・リーダーシップ戦略における補完者の拡張 単著 神戸学院経済学論集 第46巻第3・4号
  • 論文 2014年9月 製造業におけるプラットフォーム・リーダーシップ戦略とキーストーン戦略 単著 神戸学院経済学論集 第46巻第1・2号
  • 論文 2013年9月等 製品アーキテクチャの視点から見たイノベーションにおける資本財産業の研究その1〜3 単著 神戸学院経済学論集 第45巻、第1・2号/3号/4号
  • 論文 2011年9月 工作機械産業を牽引するモジュール化−主要国変遷とNC大手ファナックの戦略 単著 季刊「ファンドマネジメント」(野村アセットマネジメント) 2011年9月号、P80-87
  • 論文 2005年1月 経営戦略・思想で見る電子部品業界 単著 「財界観測」(野村證券) 第68巻第1号、P82-113
  • 論文(活動報告) 2017年3月 「企業」と「働くこと」の学習(〜フィールドワークを踏まえた企業研究〜) 単著 神戸学院大学『教育開発センタージャーナル』 第8号
  • 著書 2014年6月 『経済学は生き抜く智剣』各論:企業ファイナンス論 共著 神戸学院大学経済学会
  • 著書 2002年12月 『電子部品大辞典』 共著 工業調査会 P.60-119を執筆

審議会・委員会活動

  • 日本証券アナリスト協会 代議員 2016年9月〜
  • 「我が国主要産業の競争力」にかかる研究会(電機およびエレクトロニクス)」海外投融資情報財団 委員(講師) 2006年1月
  • 「東北地域クラスター形成戦略電子・電気系WG」(於東北経済産業局) 委託講師 2005年9月
  • 「実装戦略調査研究会」(電子情報技術産業協会) 講師/活動報告書 2004年3月
  • 「移動体通信用電子回路に関する動向調査」(日本プリント回路工業会) 報告 2001年10月

地域貢献活動

2015年6月〜2016年3月 神戸市 神戸創生戦略プロジェクトチームメンバー

講演会実績

  • 2017年3月9日 コープともしびボランティア振興財団 「公益財団法人における財産運用について」
  • 2016年11月3日 ウクライナ国立科学アカデミー・アグロ・エコロジー環境マネジメント研究所、ウクライナ・キエフ 国際学会「農業分野における環境マネジメントの諸問題」'The Strategy of FANUC's robot business'−Case Study of Platform Leadership Strategy−
  • 2016年11月2日 ウクライナ大統領付属国会行政アカデミー(ウクライナ・キエフ 'The Strategy of FANUC's robot business'−Case Study of Platform Leadership Strategy−(研究集会「日本におけるイノベーションと発展」、ウクライナ大統領付属国家行政アカデミー)
  • 2016年8月29日 モルガン・スタンレーMUFG証券 「ビジネスエコシステム研究〜ファナックの事例を踏まえて〜」
  • 2015年10月19日 神戸学院大学附属高校(高大連携授業) 20年後の社会、企業、お金の流れ、働き方
  • 2015年7月17日 はりま産学交流会 「アナリストの企業調査・分析の実例と企業レポートの作成について」
  • 2014年7月9日 一般社団法人明石市産業振興財団 どんな会社が「良い」と言えるのか
  • 2013年11月27日 兵庫県立三木北高校「企業活動と企業金融の役割を考える」
  • 2007年7月 日本水晶デバイス工業会 「エレクトロニクスの市場動向と電子部品企業の経営戦略と思想」
  • 2006年7月 電子実装工学研究所(IMSI) 「自動車電装品市場は本当にバラ色か」
  • 2006年1月 日本電気制御機器工業会 「設備投資の国内回帰とエレクトロニクス産業」
  • 2004年12月 プレスジャーナル主催:特別セミナー 「トップアナリストが予測する05年以降の半導体/FPD/電子部品業界動向」(共同)
  • 2004年9月 日本電気制御機器工業会 「電子部品業界を取り巻く事業環境と業界構造変化」
  • 2004年6月 松下電子部品土曜講座 「カーエレ電子部品の視点から」
  • 2003年9月 松下電子部品土曜講座 「AV・情報家電分野の最新動向」
  • 2003年5月 松下電器松愛会 「エレクトロニクス業界動向」
  • 2001年10月 松下電子部品土曜講座 「最新のAV・情報家電の動向」
  • 2001年8月 松下電子部品土曜講座 「携帯電話の最新動向」
  • 2000年6月 野村證券 「第26回金融機関株式基礎研修」
  • 1997年11月 因幡産機協栄会・第125回経懇セミナー 「証券アナリストの見た制御機器業界の現状と展望」

講演・取材可能なテーマ

  • 電機、機械(建機・ロボット・FA・工作機械)、造船重機、エネルギー関連企業などの経営思想、経営戦略や国際的な競争力比較
  • 企業評価・企業分析法・企業レポート作成
  • IR(Investor Relations)の実際、コーポレートガバナンス

その他

  • (社)全国清涼飲料工業会懸賞論文集 掲載 「缶コーヒー市場に見る日本経済」 1995年12月
  • スカラシップ・夢・フュチャーズ・第1回大学生懸賞論文大阪新聞社賞 「グローバル経済の中の商品先物取引」(大阪新聞社主催、経済産業省・農林水産省、産経新聞、関西テレビ他後援) 1992年2月
  • 大阪大学経済研究協会・学部共同主催懸賞論文佳作(共同論文) 「企業金融のエージェンシーコスト軽減におけるメインバンクの役割について」 1992年1月
  • 第6回大学生のための懸賞論文・建設大臣奨励賞 「結果としての土地問題」(産経新聞社主催、文部省・建設省後援)・欧州研修 1991年2月
  • 大阪大学経済研究協会・学部共同主催懸賞論文佳作(共同論文) 「今後の家計貯蓄率の動向」 1991年1月
  • 第1回ヤンマー学生懸賞論文佳作 「やっぱり、日本の農業がおもしろい」(ヤンマー農機主催) 1990年12月
  • 「日本異質論」学生懸賞論文入賞 「日本異質論が意味するものについて」(日本経済新聞社主催、外務省後援)/第3回学生サミット参加 1990年7月

自己PR・共同研究の提案等

19年間、証券アナリストとして、電機・機械・素材・自動車・エネルギー関連企業を中心に、トップやIRミーティングなど、1万人程度を取材し、レポートを作成してきた。1000箇所弱の工場や施設などの現地調査を行い、各業界の横断的なフィールド調査による競争力比較の経験が豊富である。
証券アナリストとして、継続的に(証券)市場に関与し続け、セルサイド・バイサイド両面から機関投資家(ファンドマネジャー)と接してきた実務経験を持つ。
カネミツ(東証上場)の社外取締役も兼務し、企業のコーポレートガバナンスを実践している。
詳細は、大学ホームページ(www.kobegakuin.ac.jp/gakuho-net/infocus/2017/02.html )参照。

担当科目

  • 企業経済論
  • 企業ファイナンス論
  • 日本的経営論
  • 演習他
ページトップへ