1. 神戸学院大学
  2. 大学紹介
  3. 情報の公表
  4. 教員総覧
  5. 経営学部
  6. 塩出 省吾

情報の公表 - 教員総覧(経営学部)

塩出 省吾(シオデ ショウゴ)

塩出 省吾(シオデ ショウゴ)
所属
経営学部 経営学科
職名
教授
副学長
学際教育機構長
全学教育推進機構長
教育開発センター所長
教務センター所長
教職教育センター所長

学歴・取得学位

1977年 大阪大学 工学部応用物理学科(卒業)
1982年 大阪大学 大学院工学研究科博士課程(単位取得満期退学)
工学博士(大阪大学, 第6722号)

主な職歴

  • 1982-1984 九州大学工学部助手
  • 1984-1987 大阪大学工学部助手
  • 1987-1992 神戸商船大学商船学部助教授
  • 1992-1995 大阪大学工学部助教授
  • 1995-1997 大阪大学大学院工学研究科助教授
  • 1997-2004 神戸学院大学経済学部教授
  • 1999-2000 カリフォルニア大学デービス校数学科、カリフォルニア州立大学フラトン校経営科学科客員研究員
  • 2007-2010 台湾国立成功大学都市計画系講座教授
  • 2004-   神戸学院大学経営学部教授

所属学会

日本オペレーションズ・リサーチ学会(関西支部顧問)、日本経営システム学会(理事)、日本応用数理学会

主な研究分野

オペレーションズ・リサーチ(確率計画法、最適配置理論)

主な研究課題

  • 最適配置問題に関する基礎的研究(キーワード:配置理論、競合状況解析)
  • 確率計画法の応用に関する研究(キーワード:不確実性、リスク、ネットワーク問題の最適化)
  • アンケート調査の実施と統計分析(キーワード:アンケート調査、統計分析)

競争的資金・科学研究費補助金

  • 基盤研究(C) 代表 多様な判断基準を考慮した確率的施設配置計画とその応用 2010年度〜2012年度
  • 基盤研究(C) 分担 都市の基盤づくりとしての施設配置の数理的研究 2007年度〜2008年度
  • 基盤研究(C) 分担 多様な状況での最適配置の数理的研究 2005年度〜2006年度
  • 特定領域研究(B) 分担 多目的離散最適化問題に対する近似解法の研究 1998年度〜2000年度

主な研究業績

  • 【論文】 2012年4月 「Optimal location policy for three competitive facilities」 共著 Computers & Industrial Engineering Vol.62,pp.703-707
  • 【論文】 2009年3月 「Competitive Facility Location Problem with Demands Depending on the Facilities」 共著 Asia Pacific Management Review Vol.14,No.1,pp.15-25
  • 【論文】 2008年9月 「高速道路の最適配置計画」 共著 神戸学院大学経営学論集 第5巻第1号,pp.17-24
  • 【論文】 2007年6月 「A Distribution Map for the One-Median Location Problem on a Network」 共著 Europian Journal of Operational Research Vol.179,No.1,pp.1266-1273
  • 【論文】 2003年8月 「A competitive facility location problem on a tree network with stochastic weights」 共著 Europian Journal of Operational Research Vol.149,No.1pp.47-52
  • 【論文】 2002年5月 「A Threshold Satisfying Competitive Location Model」 共著 Journal of Regional Science Vol.42,pp.287-299
  • 【論文】 1999年 「球面上の重み付きミニマックス型施設配置問題の幾何学的解法」 単著 神戸学院経済学論集 第31巻第2号,pp.1-8
  • 【論文】 1995年 「Chance Constrained Bottleneck Spanning Tree Problem」 共著 Annals of Operations Research Vol.56,pp.177-187
  • 【論文】 1995年 「A(k/Am)medianoid problem under competitive environment」 共著 Mathematica Japonica Vol.41,pp.239-244
  • 【論文】 1991年 「A Single Facility Stochastic Location Problem under A-Distance」 共著 Annals of Operations Research Vol.31,pp.469-478
  • 【論文】 1987年 「A Stochastic Linear Knapsack Problem」 共著 Naval Research Logistics Vol.34,pp.753-759

審議会・委員会活動

兵庫県統計委員会 委員長 2009年〜2017年

講演会実績

2004年6月 土曜公開講座(神戸学院大学) 競争社会における意思決定

講演・取材可能なテーマ

  • 不確実な状況下における意思決定
  • 競合状況の下での意思決定(ゲーム理論的な観点から)
  • 様々な施設の最適な配置を決定する問題

自己PR・共同研究の提案等

不確実性や競合状況を扱った様々な問題を理論的に研究し、アメリカおよび台湾・韓国などの海外の研究者と共同研究を行っている。また、学生の教育にもなるように、アンケート調査の指導も行っている。具体的にアンケート調査を含め社会のデータを調べさせるようにしている。学生と一緒になってアンケート調査表を作成し、どうすれば調査したい目的に叶ったアンケートを作ることができるのか。また、アンケート調査から得られたデータからどんなことがいえるのかについても興味を持たせるようにしている。

ページトップへ