神戸学院大学

大学紹介

大角 盛広

(オオスミ シゲヒロ)
大角 盛広
所属
経営学部 経営学科
職名
教授

学歴・取得学位

  • 大阪大学 人間科学部 1986年卒業
  • 大阪府立大学大学院 理学系研究科博士後期課程 1998年修了
  • 博士(理学)[1998年3月(大阪府立大学)]

主な職歴

  • 1988-1996 株式会社マース(システム開発部主任)
  • 1996-2004 神戸芸術工科大学(助手、講師、助教授)
  • 2004-   神戸学院大学(助教授、准教授、教授)

所属学会

日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本数理科学協会、日本経営システム学会

主な研究課題

最適配置問題へのメタヒューリスティクスの応用

主な研究業績

  • 【論文】 2015年 「Applying Parallel Recursive Genetic Algorithms to Stackelberg Location Problem with Side-trip Distance」 単著 International Journal of Japan Association for Management Systems Volume 7 No.1, pp.31-38
  • 【論文】 2012年 Side-trip Distanceを用いたStackelberg型配置問題への遺伝的アルゴリズムの応用 単著 商経学叢(近畿大学) 第53巻 第3号,pp15-34
  • 【論文】 2007年 「Location Game with Facility Dependent Fuzzy Demand」 共著 Asia Pacific Management Review Volume 12, Number 5, pp.283-289
  • 【論文】 2005年 「Obnoxious Facility Location Problem with Forbidden Regions」 共著 Asia Pacific Managemnet Review, Volume 10, Number 4,pp. 255-258.
  • 【論文】 2005年 「分散配置が可能な競合施設配置問題」共著 統計数理研究所共同研究リポート178 最適化:モデリングとアルゴリズム18 pp.325-334
  • 【著書】 1995年 「C言語入門」 単著 西東社

審議会・委員会活動

日本ローラースポーツ連盟 フィギュアスケートA級審判員、公認指導員

講演など協力可能なテーマ及び実績

数理モデルやゲーム理論に関する入門的な解説、ソフトウェア・プログラミングの理論と実際に関する基礎的な解説など。素人にもわかる説明を心がけます。高大連携授業やオープンキャンパスでの高校生への講義、公開講座での一般市民への講義を行なった経験があります。

自己PR・共同研究の提案等

10代は文学少年で、20代はスポーツに全力を投入、30代で人生最大の苦手科目・数学の勉強を始め、かろうじて理系寄りの大学教員に収まりました。回り道と寄り道の長さだけは人後に落ちませんので、多様な視点とバランス感覚が大切という意識だけは持つことができたと思っております。
ちなみに、第36,37,39回全日本選手権大会優勝、第33,35,36回世界選手権大会出場、大阪スポーツ賞優秀選手賞受賞(1992年)です。