神戸学院大学

保護者の方へ

会長あいさつ

神戸学院大学 教育後援会
会長 宮本 裕子

青葉が繁り風薫る季節を迎え、会員の皆様におかれましてはますます健やかにお過ごしのことと存じます。

日頃は教育後援会活動に、ご支援ご協力を賜り深く御礼申し上げます。また、お子様のご入学を心よりお祝い申し上げますとともに、教育後援会の会員になられましたことを心より歓迎申し上げます。

本学は1966年にわずか100人という小さな大学から出発して以来、建学の精神である「真理愛好・個性尊重」を掲げて50年以上の歴史を歩み、今では10学部1万人を超える学生と文理総合大学に発展しました。移りゆく時代の中で、教育後援会も改革・再編を繰り返しながら皆様にとって価値ある活動を目指して参りました。

教育後援会は家庭と学校の架け橋、学生の厚生並びに課外活動に対する援助など、教育活動の発展に寄与することを目的としてさまざまな事業を展開し、皆様よりお預かりしました大切な後援会費を活用しています。

<昨年の学生への具体的な取り組み>
  • 課外活動団体への活動費の支給と医療費等の補助、必要備品の購入など
  • 熊本等の災害支援ボランティアの旅費補助、備品の購入など
  • 100円朝食の補助
<会員の皆様への取組み>
  • 会報による大学や教育後援会の近況報告
  • 総会の開催
  • 教育懇談会の開催(学生の学校生活の様子や成績、就職についての個別懇談)
  • 大学見学会の開催
  • 運営の透明化と活動の公開への取り組み

これら皆様からのご支援の下、活動を継続し学びの環境を整えて参りました。会員の皆様には活動に積極的にご参加いただき、お役に立てて頂ければと願っております。

これからお子様とともに学生生活を送られる中で、期待や希望と同じくらい不安や戸惑いもあると思います。そのような時は学生生活に関することから、心理的・精神的なことまで様々な相談に応じている学生相談室をご活用ください。また、大学と後援会へのご意見・ご要望がございましたら、各支部へおっしゃってください。

その他、同窓会のご協力によりキャリアデザイン塾(企業選択のアドバイス)・ステップアップセミナー(就職活動応援の企画)など、卒業生の皆様が後輩の支援にご尽力下さっています。

このように、先生や事務局の方々、学友や同窓生、ボランティアによる地域の皆様との交流を深めながら大学・同窓会・教育後援会は未来に向け歩み続けています。

神戸学院大学を通して学生一人ひとりの個性尊重、人間性や多様な社会の中で次世代を担う人財の成長の手助けとなれば幸いです。これらの活動の継続と継承、教育後援会の役割の必要性や重要性をご理解いただきご支援ご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

最後になりましたが、会員の皆様のご健勝を祈念し挨拶にかえさせていただきます。