1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. Topics
  4. 2015年度
  5. vol.87「押部谷明石川リバーウォーク2015」

vol.87

「押部谷明石川リバーウォーク2015」

開催場所:神戸市西区押部谷周辺
開催日:11月22日(日)
スポーツマネジメントユニット(経営学部経営学科)2年次生 徳地一馬



ユニット生の手本に合わせて体操する
参加者の様子


コースを先導するユニット生


清水寺の説明を聞く参加者

押部谷の豊かな自然の中をめぐる「押部谷明石川リバーウォーク2015」(押部谷明石川愛護協議会主催)が11月22日、神戸市西区押部谷周辺で開催されました。地域のお年寄りの方々や、子ども家族連れなど約300人が参加しました。神戸学院大学からは学際教育機構スポーツマネジメントユニット生の約30人が、ボランティアとして、準備体操や、コース案内、コース先導などを行いました。ウォーキングの行程は、「住吉神社」をスタートし、「和田・清水寺」を見学、その後、「養田・長福寺」を見学し、ゴールである住吉神社に帰ってくる一周約5.2キロ(約2時間)です。

9時半から住吉神社にて開会式が始まり、所長の挨拶のあとユニット生が前にでて参加者とともに準備体操を行いました。その後参加者を4つの班に分け、各班に6、7人が同行しました。参加者には、イベントのしおりと軍手とごみ袋か配られ、ウォーキング中にごみを見かけると進んで拾い、ウォーキングを楽しむと同時に地域のクリーンアップにも貢献しました。コースの途中の「清水寺」では昆布茶とお菓子が振舞われ、お寺についての説明や保管されている貴重な絵馬を、「長福寺」では、土器などが展示された資料館を見学しました。ユニット生はウォーキング中、道路を横断する際などに事故が起きないよう注意し、イベント中であることを示す旗を持って歩き、グループがばらばらにならないようペースを調整しながら、イベントがスムーズに進行するように最善を尽くしました。

ゴール時には参加者にパンとお茶、お花がプレゼントされました。午後からは「雅楽大祭」が開催され、参加者は日本古来から伝わる雅楽の華麗な音色と舞を堪能していました。

参加者やユニット生は、このリバーウォークを通じて押部谷の地域の自然や歴史を感じることが出来たほか、健康促進、地域のクリーンアップ、地域の方々との交流を深めるなど、とても有意義な1日となりました。


開会式でのあいさつの様子

参加したスポーツマネジメントユニット生の声

スポーツマネジメントユニット(経済学部経済学科)
2年次生 尾崎洸太

今回参加させていただいた「押部谷明石川リバーウォーク」では、さまざまな方と交流することができました。参加者には高齢者の方々が多く、押部谷から少し離れた地域の人たちも参加されていました。

ウォーキングの途中で、清水寺に立ち寄り、お寺の歴史や地域の話などを聞きました。普段なかなか聞けないような話を聞けてとても貴重な経験ができました。また長福寺には土器などの資料館があり、参加者の方々といろいろな話をしながら見学しました。私は元々あまりそのようなものに興味がなかったのですが、今回の体験を経てとても関心が湧きました。

参加者の方々が全員無事でゴールできたことが一番よかったです。また、高齢者の方がとても元気で私たちが逆に元気をもらいました。5.2キロという道のりでしたが、参加者の方々と話をしながら歩いていると、あっという間に時間が過ぎました。またこのような機会があれば参加してみたいです。

スポーツマネジメントユニット(法学部法律学科)
2年次生 大西達己

今回「押部谷明石川リバーウォーク」に参加し、たくさんの方との交流を通していろいろな話ができました。また、先導や安全管理をとても楽しみながら取り組めました。
参加者の年齢層は幅広く、子どもから高齢者までさまざまな方が参加していました。

5キロちょっとの道のりを約2時間かけてみなさんと歩きました。歩いている途中、神戸で歴史のあるお寺などにもいき、住職さんが勉強になる話をしてくださってとてもいい経験になりました。みなさん大変優しい方ばかりで、途中で互いに声をかけあって歩くなかで自然と心も温かくなりました。歩いていると楽しいことばかりで2時間がとても早く感じました。
今回の「押部谷明石川リバーウォーク」を振り返って、高齢者をみているととても元気に歩いていて逆に元気をもらえました。「押部谷明石川リバーウォーク」に参加して本当によかったなと思いました。 また機会があればぜひ参加したいです。

スポーツマネジメントユニット(法学部法律学科)
2年次生 三村亮介

「押部谷明石川リバーウォーク」に参加し、5.2キロの道のりを2時間以上かけて歩きました。リバーウォークに参加している地域の方々と楽しくお話をして、疲れを感じることなく歩くことができました。また子どもが一生懸命ごみ拾いをしていて、それに気づいた方々もごみを拾い集めだしたときはとても感動しました。途中お寺で休憩した時に昆布茶をいただいて、身も心も温かい気持ちになり癒されました。住職さんから地域の歴史について学び、とてもためになりました。後半、疲れてきた方がいらっしゃったのですが、お互いに励まし合いゴール地点である住吉神社まで歩くことができました。その時にお礼をいただき、このイベントに参加してよかった、また参加したいと思いました。また、たくさんの方と交流を深めることができ、話したことがなかったゼミ生たちと協力し仲良くなれてとても楽しかったです。

ページトップへ