1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. Topics
  4. 2013年度
  5. vol.73 「第6回みんなあつまれいぶき広場」にスポーツマネジメントユニット生が参加

vol.73

「第6回みんなあつまれいぶき広場」にスポーツマネジメントユニット生が参加

― 神戸市西区井吹台東町「井吹東小学校」 ―
開催日: 2013年9月28日(土)
学際教育機構スポーツマネジメントユニット 西脇 満 准教授

テント設営、準備の様子

テント設営、準備の様子

開始前、井吹町会長坂本さんの挨拶及び打ち合わせの様子

開始前、井吹町会長坂本さんの挨拶及び
打ち合わせの様子

本学イベント「的当て」コーナーの様子

本学イベント「的当て」コーナーの様子

全員参加のメインイベント「玉入れ」の様子

全員参加のメインイベント「玉入れ」の様子

神戸市西区井吹台北町のコミュニティづくりや井吹台東町住民との交流を目的とした未就学園児のスポーツイベント「第6回みんなあつまれいぶき広場」が9月28日、井吹台東町の「井吹東小学校」で開催されました。

この行事は、西区井吹台のNPO法人ニューいぶき、井吹東ふれあいのまちづくり協議会、つぐみ保育園のほか、本学学際教育機構スポーツマネジメントユニットなどが「子育て世代の交流の場」として合同で企画しています。スポーツマネジメントユニット生は第1回から企画運営に参加しています。今年度も参加希望者が非常に多く、2部に分けて行われました。当日は朝から井吹台東町・北町の1〜6歳までの幼児約270人とその保護者など、約540人が参加しました。

学際教育機構スポーツマネジメントユニット生は朝早くから、荷物運びやテントの設置などの準備を中心になって行いました。開会式および総合司会をユニット生でバレーボール部、明智有里さん(法学部3年次生)と田浦真依さん(法学部2年次生)が担当し、来賓の紹介や行事の進行などを行いました。

会場で、ユニット生は「まと当て」を企画および運営をしました。アンパンマンやバイキンマン・しょくぱんまん・カレーパンマンの絵をモチーフにした「まと」を4体制作し、その「まと」にめがけてボールを投げてもらい、子どもたちに楽しんでもらいました。その後の玉入れでは、着ぐるみを着たユニット生が籠を背負い、それぞれ好きなキャラクターが背負っている籠にボールを入れてもらい最後まで楽しんでもらうことができました。

また広場には、「くじ引き」「まと当て」「わなげ」「ワニたたき」などのゲームのコーナーが設けられ、それぞれ親子で楽しんでいました。子どもたちや保護者の方が楽しんでいるのを見て、スタッフの私たちもこのスポーツイベントに企画から参加し、本当に良かったと実感しました。

参加したスポーツマネジメントユニット生の声

スポーツマネジメントユニット(法学部法律学科)2年次生
大野 由葉

「みんなあつまれいぶき広場」のイベントに、授業の一貫として参加し、私はスタッフとして、記録係(ビデオ撮影)を担当しました。みんなが準備をしている姿や、地域の代表の方と打ち合わせをしている様子、自分たちの催し物が子どもたちに楽しんでもらえるように工夫している姿を撮影していました。子どもたちの目線になって撮影することにより、子どもたちにどんな風に周りの光景が見えているのかが分かりました。撮影をしている私も子どもたちが楽しんでいる所を見てうれしくなり、記録係の仕事にやりがいを感じました。

毎年、私が所属しているバレーボール部が中心となって行っている行事なので、来年は今年以上のイベントにしたいと思います。

スポーツマネジメントユニット(経営学部経営学科)2年次生
杉江 章

「みんなあつまれいぶき広場」に参加し、スポーツマネジメントユニット生が中心となってイベントを進行しました。学生が司会を務めたり、各団体のお手伝いをしたり、自分たちの催し物では、的当てゲームを行いました。私は着ぐるみを着て小さな子どもたちと触れ合いましたが、普段そのような機会がない為、初めは少し戸惑いました。徐々に慣れていき、楽しみながら触れ合うことができました。

このようにイベントを無事に成功することが出来たのも、地域の人々や神戸学院の先生方、学生の協力があったからだと思いました。

またこのような機会があれば積極的に参加し、地域の人々と触れ合うことができればいいなと思います。

スポーツマネジメントユニット(経営学部経営学科)2年次生
樫山 実歩

井吹東小学校で行われた「みんなあつまれいぶき広場」に参加し、未就学児の子どもたちが遊びに来てくれて、地域の方々と協力し、6つのゲームを楽しんでもらいました。小学生以下の子どもたちと遊ぶ経験が今までになかったので、どうしたら言葉がうまく伝わるのか分からず、ルール説明など、最初は苦戦しました。しかし、自分も一緒になってボールを投げると子どもたちも真似をして投げてくれ、ハイタッチを求めると元気よくハイタッチをしてくれました。

最初は楽しんでもらえるかとても不安でしたが、遊び終わった後はみんな笑顔で手を振ってくれたので、楽しんでもらえたと思います。元気いっぱいの子どもたちの笑顔に、私自身とても癒されました。またこのような機会があれば、ぜひ参加したいと思います。

ページトップへ