1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. Topics
  4. 2014年度
  5. 2013年度
  6. 2012年度
  7. vol.70 押部谷明石川リバーウォークにスポーツマネジメントユニット生がスタッフとして参加しました。

vol.70

押部谷明石川リバーウォークに
スポーツマネジメントユニット生がスタッフとして参加しました。

― 神戸市西区押部谷周辺 ―
開催日時: 11月23日(火)
学際教育機構 スポーツマネジメントユニット
西脇 満 准教授

途中の性海寺で本堂と境内を見学し、住職から寺と地域の歴史を聞く貴重な機会がありました

途中の性海寺で本堂と境内を見学し、住職
から寺と地域の歴史を聞く貴重な機会が
ありました

豊かな自然の中を参加者と楽しく歩きました

豊かな自然の中を参加者と楽しく歩きました

豊かな自然の中をめぐる「押部谷明石川リバーウォーク2012」(押部谷明石川愛護協議会主催)が11月23日、神戸市西区押部谷周辺で開催され、市民約300人が参加しました。学際教育機構スポーツマネジメントユニットの2・3年次生約40人が、準備体操や安全管理、コースの先導などを行いました。ウォーキングの行程は、ワイン城を出発し、農業公園内の果樹園(梨・桃園)、性海寺、高和集落内の自然環境センターなどをめぐって再びワイン城に戻る、およそ7キロ(約2時間)のコースです。当日は雨が心配され、ゴール直前に雨が降り始めましたが、全員が無事戻ることができました。性海寺ではおよそ1300年の歴史について住職から直接お話を聞くことができ、この地域の先人に思いをはせました。

西区押部谷出張所の中村所長の司会で、同協議会の武川会長のあいさつなどの後、スポーツマネジメントユニット生5人が前に出て、準備体操を行いました。その後、約100人ずつのグループに分かれてスタート。スポーツマネジメントユニット生たちは、グループごとに約10人ずつが同行し、安全確認や先導などを担当しました。途中の農業公園内は起伏も激しく、また時に車が行き交う場所もあることから、特に安全に留意しました。

参加者や学生たちはこのリバーウォークを通じて、地域の自然や歴史を知ることができたほか、健康増進、環境美化、地域内外との交流促進など、多くの目的を達成でき、有意義な行事となりました。ゴール後、同協議会の方々が準備して下さった芋がゆで疲れを癒しながらエネルギーを補給しました。

行事をすべて終えて会長はじめスタッフのみなさんとともに全員で「ハイ、ポーズ!」

行事をすべて終えて会長はじめスタッフのみなさんとともに
全員で「ハイ、ポーズ!」

ゴールでは雨で冷えた体をあったかーい芋がゆで癒しました

ゴールでは雨で冷えた体をあったかーい
芋がゆで癒しました

参加したスポーツマネジメントユニット生の声

スポーツマネジメントユニット(経営学部経営学科)2年次生
吉岡 耕平 さん

押部谷明石リバーウォークではいろんな人と出会うことができました。農業公園はたくさんの果物の木があり特にワインを作るためのブドウがたくさんありました。その後、神戸でも大変歴史のあるお寺にいき、住職さんにお話を伺うことができました。住職さんのお話は勉強になり、お寺の歴史などについて歴史が好きな僕にとってとても興味のわくことでした。ゴールまで戻るとスタッフの方々がお粥を作ってくれていました。地元でとれたさつまいもを使ったお粥はすごく美味しかったです。

この明石リバーウォークではいろいろな人と協力し、多くのことを学び、たくさんの人とふれあえました。6.9キロという短い距離でしたがとても楽しかったです。これからも機会があればどんどん参加したいと思います。

スポーツマネジメントユニット(経営学部経営学科)2年次生
前田 克樹 さん

今回参加させていただいたリバーウォークは、いろんな方との交流があり、とても楽しく取り組むことができました。参加者には高齢の方々が多く、みなさん元気に張り切っている様子に、自分達もとても元気をもらいました。雨も予想されましたが、晴れていて、歩きだすと自然と体も温まりました。

途中お寺に寄り、ご住職からこの地域の歴史についてのお話を聞かせていただき、とてもいい響きの鐘も鳴らすことができました。帰りは少し雨が降り冷えましたが、ゴールには芋粥が用意されていて、体も心も温かくなりました。

振り返ってみると、いろんな方と話ができましたし、また高齢の方々の元気な姿をみて自分もとても元気になれたと思います。今回このリバーウォークに参加させていただき、本当によかったです。またこういう機会があればぜひ行きたいと思いました。

スポーツマネジメントユニット(人文学部人間心理学科)2年次生
川崎 茉由子 さん

「押部谷 明石川リバーウォーク」に参加し、私は女子3人で準備体操を担当し、その後6.5kmの道のりを約2時間かけて歩きました。先導と安全管理の担当でしたが、子どもから大人の方まで、さまざまな人たちと話をしたり、農業公園の景色や紅葉などを見たり、ごみ拾いをしたりとても楽しませていただきました。

折り返し点近くでは茅葺きの家を見たり、性海寺で住職さんのお話を聞いたりできて、今までは近くにありながらも、知らなかったことをたくさん知ることができました。後半になるにつれ、次第に天気が悪くなり、雨が降ってきたのですが、みんなで「もう少しなので頑張りましょう」、「足元が滑りやすくなっているので気をつけてください」などと声をかえあいながら、無事に終えることができてよかったです。

ゴールで芋粥をいただき、雨の中歩いて冷えた体に、温かいものがすごくしみました。参加者の方もみんな笑顔で終えることができてよかったです。

ページトップへ