1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. Topics
  4. 2012年度
  5. vol.65 栄養学部の水品准教授らのプロジェクトが兵庫県COEプログラム推進事業に採択され、井戸敏三兵庫県知事から認定賞を授与されました

vol.65

栄養学部の水品准教授らのプロジェクトが兵庫県COEプログラム推進事業に採択され、井戸敏三兵庫県知事から認定賞を授与されました

― ポートアイランドの神戸国際展示場2号館 ―
開催日: 2012年9月6日(木)

「エコものづくりで目指す明日のスマート社会」をテーマにした「国際フロンティア産業メッセ2012」(兵庫県、神戸市、新産業創造研究機構、神戸商工会議所などによる実行委員会主催)が9月6日から、ポートアイランドの神戸国際展示場2号館で開幕。開会式後、今年度の兵庫県COEプログラム推進事業に採択された研究プロジェクトの認定式があり、栄養学部の水品善之准教授がプロジェクトリーダーを務める共同研究チームに対し、井戸敏三知事から認定証が手渡されました。同メッセは西日本最大規模の産業総合見本市で、本学を含む過去最大級の290社・団体がブースを出展しました。

今年度は本格的研究開発移行枠に7件を採択

COEとは、「Center of Excellence」の略称で、優秀な頭脳と最先端の設備環境を持ち、世界的に評価される研究拠点のことです。兵庫県COEプログラム推進事業は、先端産業や健康・医療・環境・エネルギーなど、成長分野の産業の創出を図るのが目的。産学官連携による萌芽的な研究調査を支援するとともに、立ち上がり期の予備的、準備的な研究プロジェクトの本格的な研究開発への移行を支援する制度です。公募制で、審査の結果、今年度は水品准教授らのプロジェクトなど7件が本格的研究開発移行枠に、6件が先導的研究枠に認定されました。

水品准教授らのプロジェクトは「蒸し大豆」の研究

認定証を手にした柳本副社長とブースの前で記念撮影する水品准教授ら

認定証を手にした柳本副社長とブースの前で
記念撮影する水品准教授ら

水品准教授がリーダーを務めるプロジェクトの名称は「蒸し大豆の抗炎症作用成分の作用機序の解明および高機能性食品の製造技術開発」で、本学と(株)小倉屋柳本、神戸大学で構成。栄養価が非常に高い食品素材として広く知られている大豆ですが、大半の製品は水煮工程で、多くの栄養素や機能性成分が流出してしまいます。しかし、(株)小倉屋柳本の製品「蒸し大豆」は、水煮工程がないため多くの成分を保っています。

プロジェクトの研究は、これまでに見出した蒸し大豆の機能性成分について、作用機序(メカニズム)の解明と、成分を高濃度に含む高機能性食品の製造技術を開発することを目的としています。

井戸知事が「大いなる発展を期待します」と激励

認定式は、午前10時からあり、井戸知事、野間洋志県議会副議長、佐藤啓太郎県産業労働部長のほか、採択された各プロジェクトの代表が出席。水品准教授らのプロジェクトは(株)小倉屋柳本の柳本勇治代表取締役副社長が認定証を受け取りました。

井戸知事は、「いずれもすばらしい新しい取り組みで、大いなる発展を期待します。これまでの認定式は県公館で行っていましたが、こうした場をお借りして交付した方が、皆さんの励みにもなり、責任も感じてもらえると考えました」「県のCOEは10年目を迎え、20近い技術が製造現場で生かされ、国のCOEに結び付いたのが40件近くあります。それぞれの分野で課題を乗り越え、フロンティアとして(新しい道を)切り開いてほしい」と激励。野間副議長は「数多くの研究の中から選ばれた皆さん、おめでとうございます。研究が地域産業にも波及し、地域産業の活性化に貢献することを期待したい」とあいさつしました。

井戸知事、柳本副社長と記念撮影する水品准教授(右)

井戸知事、柳本副社長と記念撮影する
水品准教授(右)

ブースで説明にあたる研究支援グループの齋木秀朗グループ長(右から二人目)ら

ブースで説明にあたる研究支援グループの
齋木秀朗グループ長(右から二人目)ら

本学もメッセ会場にブースを展示しました

今年の国際フロンティア産業メッセに、本学もブースを設け、パネル展示を行いました。展示したパネルは、車いすの駆動力(トルク)計測装置、空飛ぶ座布団など本学発のアイデア商品など。さっそく、メッセ会場にブースを設けた企業関係者らが訪れていました。

【展示パネル】

  1. アダマ−ル行列から構成されるスピン模型 法学部 生田准教授
  2. デュシェンヌ型筋ジストロフィー児の身体活動量〜ネパールと日本の二国間比較〜 総合リハビリテーション学部 浅井助教
  3. 新規物質アシル−ジュグロンの抗がん抗えん症活性 栄養学部 水品准教授
  4. 高齢者のための浮遊移動型車いす、Cubeads CuCuなどのアイデア商品 総合リハビリテーション学部 古田教授
  5. 車いすの駆動力計測装置 総合リハビリテーション学部 中川教授
ページトップへ