1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各部署からのお知らせ

本学教職員が執筆した図書を寄贈いただきました

17.07.04 お知らせ

図書紹介


書名:『新明石大門(しんあかしおおと)第1号―明石ペンクラブ作品集―』― 天国八景ツアー ―
共著者:岡田悦夫 内部監査室長兼内部監査役 ほか
発行所:明石ペンクラブ
発行年月:2017年6月 (89ページ)

紹介文:
 明石ペンクラブが発行する同人誌。限られた人数で再出発した記念すべき第1号の作品集である。第1号では、短歌・俳句・小説・漢詩・詩・随筆など幅広いジャンルが掲載されている。
 著者の岡田は1994年4月、神戸学院大学小説創作研究会うぐいすを創設し、現在、同研究会顧問。2006年から明石ペンクラブに所属している。
 今号では、短編小説「天国八景ツアー」を書き下ろした。この作品は、上方落語の『地獄八景亡者戯』 (じごくばっけいもうじゃのたわむれ) を模したタイトルで、現代風に天国(地獄)めぐりをする物語。主人公の会社員(53歳)は、父と同い年(54歳)になる誕生日に死ぬのではないかと悩み、部下の女性社員に相談する。ネコ訛りの女性社員と死後の世界を見学するのだが…。最後のオチが読みどころである。


ページトップへ