1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各部署からのお知らせ

日本ペプチド学会奨励賞の授与式が行われました。

08.11.06 祝

表彰状

表彰状

 薬学部 北條恵子助教が日本ペプチド学会奨励賞(日本ペプチド学会)を受賞し、第45回日本ペプチド討論会の中で、10月30日(木)に授与式が行われました。今回、「グリーンケミストリイを志向したペプチド合成 水溶液中でのペプチド固相合成法の開発」の研究が評価され、受賞に至りました。詳細につきましては、以下の通りです。
 心よりお祝い申し上げます。

 財団法人 日本ペプチド学会は、ペプチド研究の発展、国内外におけるペプチド科学に関する討論会の主催と支援、理学、薬学、農学、工学、医学分野の研究者間での共同研究の推進などの役割を担っており、現在では、国際学会をリードする学会となっています。『日本ペプチド学会奨励賞』は、理学、薬学、農学、工学、医学分野のペプチド研究において卓抜した功績を挙げた40歳未満のものに与えられる最も栄誉ある賞です。
 日本ペプチド学会奨励賞は、これまでに16名が受賞していますが、本学からは初めての受賞であり、私立大学の研究者では2人目になります。

受賞名称:平成20年度日本ペプチド学会奨励賞
受賞業績:グリーンケミストリイを志向したペプチド合成 水溶液中でのペプチド固相合成法の開発
受賞者:北條 恵子(薬学部・分子薬学部門)
推薦者:川ア 紘一・日本ペプチド学会評議員(薬学部・分子部門教授)

日本ペプチド学会奨励賞の概要
(1)趣旨:我が国のペプチド研究において卓抜な功績を挙げ、将来の活躍が期待される研究者に授与する
(2)受賞対象分野:理学、薬学、農学、工学、医学分野
(3)授与団体:(主催)日本ペプチド学会 (共催)日本薬学会、日本生化学会、日本化学会、日本農芸化学会
(4)受賞対象者:応募年の4月1日現在満40才未満のもの
(5)受賞件数:毎年2件まで(本年度は1件であった)
(6)推薦者:日本ペプチド学会会員
(7)審査:日本ペプチド学会の理事、評議員から選出された5名の審査員で構成された委員会で審査される。
(8)その他:毎年開催されるペプチド討論会会期中に行われる総会で表彰する。(本年度は第45回)


関連記事はこちらからご覧ください。

ページトップへ