1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

グローバル・コミュニケーション学部の学生がボランティアを務めるダーツのワールドカップが開幕しました

グローバル・コミュニケーション学部

 ダーツ普及と親睦を目的に、31か国の選手が集う「第21回WDFワールドカップ2017神戸大会」(世界ダーツ連盟主催、神戸市など後援)が3日、神戸国際展示場で開幕。午後7時から開催された開会式で、ボランティアで協力するグローバル・コミュニケーション学部の学生が紹介されました。
 開会式で、佐藤雅美学長は「学生にこうした機会を与えていただき感謝します」と述べたうえ、歓迎のあいさつ。また、約300人のボランティア学生を代表して、坂口尚弥さんが「この場に来られて光栄です。皆さんをサポートするために頑張ります」とあいさつしました。
 競技は4日から始まり、学生たちがスコアラーやマーカーなどを務めます。

ページトップへ