1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

経済学部がウクライナ大統領附属国家行政アカデミーと学術協定を結びました

広報グループ

ウクライナ大統領附属アカデミーで協定書を交わす伴学部長とクイビダ総裁

ウクライナ大統領附属アカデミーで協定書を交わす伴学部長とクイビダ総裁

経済学部が協定を結ぶウクライナ国立農業科学アカデミー・アグロエコロジー環境マネジメント研究所の45周年記念式典と学会にも出席しました

経済学部が協定を結ぶウクライナ国立農業科学アカデミー・アグロエコロジー環境マネジメント研究所の45周年記念式典と学会にも出席しました

ウクライナ最高会議(国会)で講演する伴学部長と岡部教授

ウクライナ最高会議(国会)で講演する伴学部長と岡部教授

ウクライナ正教会キエフ総主教庁のフィラレート総主教は、岡部教授のウクライナ支援に感謝の言葉を述べました

ウクライナ正教会キエフ総主教庁のフィラレート総主教は、岡部教授のウクライナ支援に感謝の言葉を述べました

 経済学部は7日、ウクライナ大統領附属国家行政アカデミーと学術協定を締結しました。協定には、本学から伴ひかり経済学部長と岡部芳彦教授が出席。同アカデミーのヴァシリー・クイビダ総裁は「日本の研究機関との初の協定となり、今後、共同研究を進めていきたい」語りました。
 同アカデミーは、大学院機能を持つ公務員教育機関で、現役の官僚などが学んでおり、ウクライナのフロイスマン首相も卒業生です。また、クイビダ総裁は、ウクライナ最高会議(国会)議員、リヴィウ市長、地方発展・建設大臣などを歴任する一方、詩人としてもウクライナでは知られています。協定書の署名が終わった後、伴学部長と岡部教授はアカデミーの研究者ら約30人を前に研究報告。質疑では質問が絶えず活発な議論が交わされました。
 伴学部長と岡部教授はこの日午後、ローマ・クラブ・ウクライナ支部とウクライナ最高会議企業家・産業政策委員会との共催で、ウクライナ最高会議(国会)のメインホールで開催された講演会に招かれました。岡部教授はウクライナ語で「日本経済の歴史的視点と展望:ウクライナへの助言」、伴学部長は「ウクライナの自由貿易協定の経済・環境効果−CGEアプローチ−」という題で講演しました。講演の後、ウクライナ財務省顧問の田中克氏が金融政策を中心にコメント。質疑では、日本の戦後の政治経済、日本経済におけるアメリカの影響についてなど質問が相次ぎ、岡部教授は、ウクライナの新聞「デーニ」紙のインタビューも受けました。
 伴学部長は「行く先々でウクライナの人たちから温かい歓迎を受けました。日本への関心の高さに驚きました。今後もウクライナとの交流を深めていきたい」と話しています。
 伴教授と岡部教授のウクライナ最高会議での講演会は以下の動画もご覧ください(ウクライナ議会チャンネル)

https://www.youtube.com/watch?v=9oi3sRN2BpA&t=742s


ページトップへ