1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

薬学部準硬式野球部が1部リーグに昇格しました

広報グループ

1部リーグ昇格を決め、鳴尾浜の兵庫医大グラウンドで記念撮影(5月17日)

1部リーグ昇格を決め、鳴尾浜の兵庫医大グラウンドで記念撮影(5月17日)

昇格を決め、胴上げされる喜多投手

昇格を決め、胴上げされる喜多投手

部員約40人。マネジャーは10人強います

部員約40人。マネジャーは10人強います

 体育会所属の薬学部準硬式野球部が、関西医歯薬大学準硬式野球春季リーグで6戦無敗の好成績をあげ、3年ぶりに1部リーグへ復帰しました。一昨年春、昨年春、秋と入れ替え戦で涙を飲んできましたが、佐藤史人前主将は「今シーズンは優勝するために頑張ってきたことを全試合で出せました」と話しています。
 薬学部準硬式野球部は、関西医歯薬準硬式野球連盟の2部リーグBグループに所属。今春のリーグ戦は、3月8日の初戦で阪大医に16対1で五回コールド勝ちして波に乗り、近大医にも4対3で競り勝ちました。さらに、兵庫医大、神戸医大戦もそれぞれ8対2、11対1で圧勝。2部リーグのA、Bグループ上位2チームの対戦も、大阪市大医に7−0の八回コールド勝ち、近大薬にも5−4で勝利。6戦全勝で、入れ替え戦に進むことなく1部リーグへの復帰を決めました。
 佐藤前主将によると、最も厳しい試合は近大医との対戦でした。4対0とリードしていたものの、エース、喜多豊投手のけがで最終回に3点を献上。さらに一死二、三塁の一打逆転の大ピンチでしたが、佐藤さんがダイビングキャッチで好捕し、飛び出したランナーを刺して併殺に打ち取り、逃げ切ったそうです。
 薬学部準硬式野球部は創部7年目。2011年秋と翌年春は1部リーグでしたが、その後降格になり、復帰への挑戦が続いていました。同部は、毎週月曜と金曜の15:00〜18:30に練習しています。

ページトップへ