1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

洋弓部女子が1部リーグに昇格しました

広報グループ

念願の1部入りを果たして笑顔があふれる、左から吉川さん、神頭さん、升井さん、阿部智美さん(栄養学部4年次生)、梶原可奈子さん(人文学部2年次生)

念願の1部入りを果たして笑顔があふれる、左から吉川さん、神頭さん、升井さん、阿部智美さん(栄養学部4年次生)、梶原可奈子さん(人文学部2年次生)

3位の京都大とは大接戦でした

3位の京都大とは大接戦でした

タイムアウトを取り、円陣を組んで気合を入れるメンバー(右下は升井さん)

タイムアウトを取り、円陣を組んで気合を入れるメンバー(右下は升井さん)

 第50回関西学生アーチェリーリーグ入れ替え戦がこのほどあり、洋弓部女子が1部リーグに昇格しました。男子は2005年度まで1部に所属していましたが、女子は部員不足もあり、1部リーグ昇格は創部以来初めてです。升井祐希女子リーダー(法学部4年次生)は「私たちだけでなく、応援に駆け付けてくれた男子部員、指導してくださった監督やコーチのほか、OB、OGなど支えてくださった皆さんのおかげです」と話しています。
―京都大を7点差で振り切りました―
 今年のリーグ戦は4月6日から始まり、Aブロック所属の女子チームは5月3日にリーグ優勝を決めました。同じくBブロックで優勝した京産大とともに、同志社大で10日に開催された入れ替え戦に臨みました。1部リーグのA、Bブロックで最下位となった京都大と大阪工大の4チームが50m、30mの距離で点数を争い、上位2チームが1部リーグに昇格、あるいは残留するルールです。その結果、2部リーグから進出した本学と京産大が昇格を決めました。2位の本学は2753点、3位京都大は2746点と、わずか7点差の接戦でした。
―「来年は入れ替え戦に出ない」―
 入れ替え戦を振り返って、升井女子リーダーは「一時は京都大に1点差まで追い上げられましたが、点数を気にせず、力を出し切ろうと考えを切り替え、どうにか昇格することができました」といい、次期リーダーの神頭綾美さん(人文学部3年次生)は「50mを終わった時点で接戦で、さらに追いつかれそうになったので大変でした」、吉川枝里さん(人文学部同)は「個人的には力を出し切ったというより、みんなで勝てたと思います。1部では2800点代は出さないと戦っていけません。来年は入れ替え戦に出ることがないよう、頑張ります」とそれぞれ話しています。
―女子部員を募集しています―
悩みは慢性的な部員不足。今大会を最後に升井さんと阿部智美さん(栄養学部)の4年生部員二人が引退すると、団体戦の出場が困難になります。升井さんは「本学は、全員が大学に入ってアーチェリーを始めたメンバーばかりです。ぜひ入部してほしい」と話しています。洋弓部は月曜、木曜の午後5時10分からと、土曜日午前10時から、有瀬キャンパス洋弓場で練習しています。

ページトップへ