1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

第15回神戸学院大学法学部法律討論会を開催しました

法学部

最初の立論者。会場が緊張感につつまれます

最初の立論者。会場が緊張感につつまれます

フロアから厳しい質問が投げかけられます

フロアから厳しい質問が投げかけられます

質問者と立論者との白熱する議論

質問者と立論者との白熱する議論

出題者による講評。皆が真剣に聞き入りました

出題者による講評。皆が真剣に聞き入りました

 第15回神戸学院大学法学部法律討論会が、2014年11月29日(土)13時より、ポートアイランドキャンパスのB302講義室で開催されました。今回の討論会には、法学部の民法ゼミを中心とする5つの参加団体(足立ゼミ、加藤ゼミ、小松ゼミ、笹川ゼミ、法律研究会Libra)が出場し、参加団体の学生も含めて、総勢220名の学生が参加しました。
 秀成先生(金沢大学人間社会研究域法学系・准教授)に出題をいただいた問題は「他人の物の賃貸借」という、身近な素材をテーマとしていましたが、非常に奥が深く、どの団体も約1か月の準備期間は十分に悩みながら、自らの見解を練り上げました。当日は、各団体の代表立論に対し、フロアからも積極的に質問が投げかけられ、白熱した議論が展開されました。そのため、討論会は全体で4時間を越え、日が暮れるまで論戦を繰り広げる一日となりました。
 審査の結果、立論の部では、松本颯太さん(法学部2年次生、加藤ゼミ所属)が第1位、井上健太さん(法学部1年次生、Libra所属)が第2位、川村佑哉さん(法学部2年次生、小松ゼミ所属)が第3位に選ばれ、質問の部では、中島栄憲さん(法学部4年次生)が第1位、富田数馬さん(法学部3年次生)が第2位、竹内星翔さん(法学部2年次生)が第3位に選ばれ、それぞれ表彰されました。
 法律討論会では、事案に向き合い、法律を解釈・適用するという、ごく当たり前の作業の難しさを実感することができます。悩んだ分だけ得られるものもあるでしょう。参加した学生には、こういった作業の面白みを感じてもらえればうれしく思います。
 最後に、本討論会の開催にあたっては、関係各部署から多大のご支援とご協力をいただきました。また、慶應義塾大学出版会、日本評論社および悠々社には、本討論会への協賛をいただき、副賞の図書を提供していただきました。厚く御礼を申し上げます。今後とも、本討論会へのご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ