1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

太山寺小学校で栄養学部の学生が食育教育を行いました

社会連携グループ

 栄養学部で教育実践演習を履修している、藤本理沙さん、井餘田志保さんたち8人が、神戸市西区の太山寺小学校で3年生児童18人に食育の授業を行いました。この取り組みは「農産物を活用した西区の魅力づくり」を目指した、神戸市との連携事業の一環で、太山寺小学校の前にあるファームガーデンで農業体験を行った後、野菜の魅力について知ってもらい、正しい食の知識と健やかな食生活を実践してもらう事を目標としており、子どもたちに楽しく学んでもらえるように、学生たちがオリジナル教材を作成して授業を行っています。

 この日は、朝からサツマイモの収穫を行いました。固い土のなかで大きく育ったサツマイモを掘るのはとても大変で、子どもたちは力合わせてサツマイモに傷がつかないように丁寧に掘り起こします。今日収穫したサツマイモは地域のお店でケーキにしていただき、後日子どもたちにプレゼントされるそうです。
 収穫後、サツマイモをテーマにした食育授業を実施。日本にどのようにサツマイモが伝わったのか、そして栄養について等、子どもたちが楽しく学べるように工夫を凝らした教材を使って学生たちが元気な声で子どもたちと話します。最後に、学んだ内容を覚えてもらうために、伝言ゲームを行い「今日学んだ事を、おうちに帰って、お父さんとお母さんに教えてあげてください!」と子どもたちと約束をしました。


ページトップへ