1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

みなとこうべセーフティ・タウンコミュニティを開催しました。

社会連携グループ

学生による挨拶

学生による挨拶

アイディアを発言する学生

アイディアを発言する学生

巡回活動を継続して行くことを宣言した岡田学長

巡回活動を継続して行くことを宣言した岡田学長

青色防犯パトロールへ出発!

青色防犯パトロールへ出発!

 兵庫県警察本部主催の「みなとこうべセーフティ・タウンコミュニティ」が6月13日、ポートアイランドキャンパスであり、県警や自治体、民間の青色防犯パトロールボランティア、本学学生や神戸夙川学院大学の女子消防団員ら計35人が参加。活発な意見交換が行われました。県警本部は、この企画を契機に、中央区の警察、行政、民間ボランティア、若者が一体となり、犯罪の起きにくいまちづくりを目指します。
 大学からは、交通安全レンジャー隊として大学近辺の幼稚園や小学校で交通安全の啓発活動をしている学生やチカン撲滅キャンペーンに参加する学生、地域の安全・安心のために活動する消防団の学生らが参加。青色回転灯を点灯させ、中央区を巡回している青色防犯パトロールを行う事業者からは、神戸山手女子中学校・高等学校、NPO法人ふくろう、兵庫県警備業協会が参加しました。
 安心・安全な社会づくりを目指して、本学の学生は「防犯ボランティアの情報が学生に届いていない。地域のボランティアや事業者は、人手が足りないという課題をそれぞれ持っている。解消するには、警察と地域、学生をつなぐ中間組織が必要だと思う」「警察官を志望する学生も多いため、防犯活動にそういった学生を巻き込めないだろうか」「ボランティアは男性が多いが、女の子が相談しやすい女性ボランティアも増やすべき」「青パトは下校時間だけでなく、薄暗くなってからも必要ではないか」など、これまでに気づいたことや課題、アイディアを提案しました。
 県警からは「地域の防犯ボランティアは50〜60代以上の方が多いが、学生さんにもっと参加してもらいたい」「県警もボランティア同士をつなぐ役割を果たしていきたい」「このような機会を通じて、地域の人からどんどん学生に声をかけてあげてほしい」との意見がありました。
 この後、青色防犯パトロールの合同出発式がイベント広場であり、本学の青色パトロール車も含め、計9台が巡回に出発しました。県警のマスコット「こうへいくん」「まもりちゃん」、中央区のマスコット「かもめん」、本学のマスコット「マナビー」が集合し、警察音楽隊による迫力あるドリル演奏も披露されました。
 本学は昨年度から、港島内の青色防犯パトロール活動を週に2、3回実施。今後も地域の安全・安心のための活動を継続します。

ページトップへ