1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

2013年度入学式告辞

神戸学院大学学長 岡田豊基

2520人の新入生が入学しました

2520人の新入生が入学しました

新入生にメッセージを送る岡田学長

新入生にメッセージを送る岡田学長

新入生代表による宣誓

新入生代表による宣誓

課外活動団体によるお祝いの演技

課外活動団体によるお祝いの演技

 本日お集まりの2511名の学部新入生の皆さん、8名の編・転入学生のみなさん、ご入学、まことにおめでとうございます。神戸学院大学は、皆さん方を心より歓迎します。皆さん方が積み重ねてこられた努力が実を結び、この日を迎えられたものと思います。そのひたむきな姿勢に敬服します。
 神戸学院大学は、1966年、建学の精神「真理愛好・個性尊重」を掲げ、有瀬キャンパスに創立されました。初代学長・森茂樹博士の教育にかける気持ちは、「学問を通じて、広くかつ深い人生観、世界観を培い、もって国家最高の教育機関としての使命を果たす」という高邁なものであり、それにふさわしく活発な大学としてスタートしたのです。現在では、創立当初の気風・気概を誇りとし、7つの学部8つの大学院、1万人を超える学生を擁する、神戸市内で最大の私立総合大学へと発展しました。これまで7万人の卒業生を社会に送り出しています。
 さて、2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。この日をさかいにして、さまざまな事柄が大きく変わりつつあります。今後は、劇的な社会変動をどのように受け止め、私たちの生き方をどのように変えていくかを考えていく必要があります。
 日本は、今、若い力を必要としています。まさしく、あなた方の優秀な能力が求められているのです。
 皆さん方は、本日から、この神戸学院大学において、多くの知識を吸収するとともに、経験を積み重ね、それぞれの能力を高めていって下さい。
 皆さん方の多くは、神戸学院大学に「夢」を持って入学されたものと思います。皆さん方が、その貴重な青春時代を神戸学院大学で過ごすことに、私たちは誇りを持つと同時に、大きな責任を感じています。建学の精神「真理愛好・個性尊重」の下、皆さん方の「夢」の実現をご支援することが、神戸学院大学に課せられた使命であると思っています。皆さん、今を大切にしながらひたむきに学生生活を送って下さい。私たちはご支援を惜しみません。
学生時代をともに過ごした友人は生涯の親友になる、といわれています。そこで、皆さん方に対し、勉学を通じて一人一人の能力を高めることの他に、クラブ活動やサークル活動への参加をお勧めします。これらの活動を通じて、仲間と共通の目的意識を持ち、感動を共有することで、人として大きく成長し、充実した学生生活を送ることができると思います。
 昨年、本学と附属高校とを運営する学校法人神戸学院が創立100周年を迎えました。2016年には、神戸学院大学が創立50周年を迎えます。私たちは、100年と50年という2つの大きな節目が交わるこの時期こそ、神戸学院大学が劇的に変貌する絶好の機会であるととらえ、この度、「神戸学院100年宣言」を発表し、2013年度から5年の間に実施する具体的な施策を「中期行動計画」として取りまとめました。今後は、「中期行動計画」に基づき、これまで積み重ねてきた教育・研究のさらなる充実を図り、「学生の満足度の高い大学」を目指して参ります。
 本日ご臨席のご家族の皆様、お子様のご入学、まことにおめでとうございます。凛々しく、かつ、輝いておられるお子様方を前にして、私たちは気が引き締まる思いでございます。今後は、お子様方が「夢」を実現され、明日の神戸学院大学、そして、明日の日本を支える社会人になられるよう、お子様方とともに取り組んで参りたいと存じます。
 本日、入学された2520名の新入生の皆さん、新しい人生のスタートです。「夢」の実現に向けて進んでいきましょう。

ページトップへ