1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

「ポーアイ4大学マラソン大会」兼「尾上杯マラソン・学長杯駅伝大会」を開催
参加者過去最高の402人が寒風の中を激走!!

ポートアイランドキャンパス学生支援グループ

優勝を目指して走る参加者たち

優勝を目指して走る参加者たち

大会を盛り上げたチアリーダー部

大会を盛り上げたチアリーダー部

駅伝も好天に恵まれました

駅伝も好天に恵まれました

ランナーたちを元気づけた吹奏楽部の力強い演奏

ランナーたちを元気づけた吹奏楽部の力強い演奏

ランナーたちを励ましたチアリーダー部と吹奏楽部
 ポーアイ4大学(神戸学院大学、神戸女子大学、兵庫医療大学、神戸女子短期大学)マラソン大会兼神戸学院大学体育会本部主催第33回尾上杯マラソン大会および第21回学長杯駅伝大会を12月16日、ポートアイランドキャンパスで開催しました。出場選手が延べ人数402人で過去最高となりました。また、ランナーたちの応援にチアリーダー部と吹奏楽部が駆け付け大会を盛り上げました。
 結果は体育会の部で、男子マラソンは陸上競技部の中嶋真さん(薬学部1年次生)が優勝。男子駅伝は陸上競技部が優勝。女子駅伝も陸上競技部Aが優勝し、女子マラソンではバトミントン部(1位〜3位)が活躍しました。優勝した高嶋楓さん(人文学部2年次生)は「高校時代にバトミントン部の練習で毎日10km走っていたので長距離には慣れています。最初はペースを押さえ2番手で走り、後半に先頭との差をつめ、一気に抜き去りました。優勝できて大変うれしいです。本業のバトミントンでも1番になりたい」と笑顔で話しました。

附属高校駅伝7チームが初参加
 今回初めて高校生の部ができ、本学附属高校から駅伝に7チームが参加しました。高校の部で優勝した本学附属高校ソフトテニス部主将澁谷創さんは「今大会から初めて高校生が参加すると聞いたときは不安でしたが、レースが始まってみると、神戸の景色とポートアイランドキャンパスの校舎を見ながら走り楽しめた事と、大学生のはつらつとした姿を目にし、大学生に負けないという意気込みが強くなりました。走り終わった後はチームメートと共にすがすがしい気持ちになれました。また、大学生の方とも交流でき、今後の新しい目標と楽しさを見つけることができました」と良い思い出になった様子。
 閉会式では、岡本博副学長が「本学だけでなく、神戸女子大学、兵庫医療大学、神戸夙川学院大学(オープン参加)も好成績をあげ4大学マラソン大会らしい結果になりました。今年は吹奏楽部やチアリーダー部が大変寒い中で応援していただいた、おかげで非常に盛り上がりました。また、参加者、体育会本部員の方もお疲れ様でした」と総評しました。
 今回のマラソン大会の企画・運営を行った本学体育会本部会長成松裕美さん(経済学部3年次生)は「マラソン大会を盛り上げるため、附属高校に参加を募り、またチアリーダー部や吹奏楽部、学生放送局の協力を得て、早い段階から準備を行ったので参加者が昨年の倍増となりました。前日が雨で天候が心配でしたが、天候にも恵まれほっとしました。各団体とも今回のマラソン大会でせめぎあったので、これを契機に各部活の戦績の方も競い合ってほしい」と体育会各団体の活躍を願っていました。

大会結果はこちら

ページトップへ