1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. 各種イベント・行事報告

スポーツフェスタ「Let’s Play Volleyball In Kobegakuin」

学際教育機構 スポーツマネジメントユニット 法学部法律学科 3年次生 土肥 恵美里

バレーボール教室参加者の集合写真

バレーボール教室参加者の集合写真

バレーボール教室(右から朝日健太郎選手・草野歩選手・尾崎睦選手・馬場大拓コーチ)

バレーボール教室(右から朝日健太郎選手・草野歩選手・尾崎睦選手・馬場大拓コーチ)

寺崎講師のトレーナー指導

寺崎講師のトレーナー指導

草野選手と大学生による実技指導

草野選手と大学生による実技指導

 大学と地域との連携を深めつつ、社会に貢献することを目的とするスポーツフェスタ 「Let’s Play Volleyball In Kobegakuin」 第4回「神戸学院大学杯」小学生(男女)バレーボール大会を12月15日、16日に開催しました。今年度も日本ビーチバレー界から北京、ロンドンオリンピック連続出場を果たした朝日健太郎選手、女子のトップにペア草野歩選手、尾崎睦選手をお招きし、小学生を対象に「バレーボール教室」を行いました。
 バレーボール教室は、約250人の小学生がプロ選手の指導を受け、何か一つでも吸収して帰ろうとがんばっていました。そんな姿を見て大学生も初心に返ることができました。最後には、プロ選手からサインボールやサイン入り色紙が小学生に送られました。
 バレーボール教室と同時に第4回「神戸学院大学杯」小学生(男女)バレーボール大会も行われ、女子16チーム、男子6チームの計22チームが参加しました。
 小学生は日頃の練習の成果を発揮できるように、チーム一丸となり、一戦一戦全力で戦っていました。結果は、女子の部の優勝は井吹ブラック、準優勝は神出ジュニアバレーボールクラブ、第3位 出合ミッキーズA、第4位 淡河未来クラブ。男子の部の優勝はペガサス明石少年バレーボールクラブ、準優勝 玉櫛ラッキーボーイズ、第3位 井吹スターボーイズA、第4位 井吹スターボーイズBでした。
 また、全日本男子バレーボールチームアスレティックトレーナーで世界選手権やワールドカップにも帯同経験をお持ちの寺崎拓也講師をお招きし、特別講演や「トレーナー指導」も行っていただきました。ストレッチや体づくりなどを教わる小学生と指導者、保護者の姿も多く見られました。
 試合の後は、大学生2人対小学生6人で試合をしました。楽しみながらも勝負するときはする小学生の姿勢に、思わず大学生が圧倒されてしまう場面も見られました。この試合中に、ゲストである朝日健太郎選手が飛び入り参加され、間近でプロのスパイクなどを見ることができ、参加者は終始大盛り上がりでした。
 試合後のアンケートには、「毎年参加するのを楽しみにしています」などの言葉をいただき、私たちも、毎年大会を開催できるという感謝の気持ちを忘れずに、今後も運営していきたいと思います。また、今回頂いた意見等を反映し、来年以降の大会運営をよりスムーズに進めていけるように最大限の努力をしていきたいと思っています。
 
参加者(小学生・指導者・保護者)の方々からの「ご意見と感想」
【小学生からの感想】
・ストレッチを家でもっとしようと思った。
・指導を受け、バレーがもっと上手くなりたいと思った。
・大学生との試合が楽しかった。
・大学生を見本にしたい。
・みんなで点を取れたらとても喜んで、点を取られたときは励まし合いができたのでよかった。

【監督・コーチ・保護者の方からの感想】
・今年のストレッチ、体づくりの講習、とても参考になりました。
・毎年この大会は、試合だけでないので、コートに出られない子どもたちも勉強になることがたくさんあり、ありがたいです。
・学生さんたちが声をかけてくれたりして、大会を盛り上げようとする気持ちが伝わりました。
・小学生が大学生と触れ合える機会は一般的にはほとんど無いと思うので、こういう大会は子どもたちにとって、とても良い経験ができる大切な場だと思います。

【意見・要望】
・待ち時間が長いので、体が冷えてしまう。     
(→体育館が2面しか取れないのですが、試合方法等を考え直して、少しでも改善していきたいと思います。)
・練習時間が短かった。
(→試合数が増えるため練習時間を長く取るということは難しいですが、対策を考えていきたいと思います。)

ページトップへ