1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部
  4. 6年制の薬学教育について

6年制の薬学教育について

なぜ6年制になったのでしょうか?

医療技術の高度化や、医薬分業の進展によって、社会は高い資質をもった薬剤師を必要とするようになりました。大学でそのような高い資質をもった薬剤師を育成するには、これまでの4年間の薬学教育に加えて、臨床現場での長期の実習や、それを踏まえたより高度の学習(アドバンスト教育)を行うことが必要となったためです。

薬学教育には6年制と4年制があると聞きましたが・・

6年制学部あるいは学科は、上記のように高い資質をもった薬剤師の育成を教育目標とします。一方、従来の4年制学部あるいは学科を残す大学もあり、この4 年制学部(あるいは学科)は薬剤師育成を目的とせず、薬の研究開発や医薬品販売などのように、薬の基礎的知識を生かす分野の人材を育成することを目的としています。4年制学部を卒業しても、薬剤師国家試験の受験資格はありません。

神戸学院大学は6年制だけですか?

神戸学院大学薬学部は、平成18年度(2006年4月)入学生から6年制教育に移行しました。本学は薬学部薬学科の6年制1学科だけであり、4年制学科は設置していません。これは、学部開設以来の教育理念「社会に貢献する優れた薬剤師を育成する」に従ったものです。

薬剤師はどのように変わったのでしょうか?

 医療の高度化、チーム医療、そして患者からのニーズなど医療を取りまく環境や意識が変化する中で、「窓口で薬を渡す」という薬剤師のイメージも大きく変わりました。
薬の分野から医療に関わるスペシャリストとしての専門性、医師や患者とのコミュニケーションの能力、地域の人々との結びつきが求められ、薬剤師の姿が大きく変わっています。

神戸学院大学ではどのような教育が行われているのでしょうか?

医療や薬を取り巻く技術の進歩、環境の変化、患者のニーズに対応し神戸学院大学薬学部は2006年度から6年制に移行しています。
6年制のカリキュラムでは、医療現場での長期実務実習を含む地域や企業から求められている高度な専門教育を充実させ、問題解決能力を備え、即戦力となる薬剤師を養成することを目指しています。

ページトップへ