1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. 法学部
  4. 法律学科
  5. ゼミナール紹介

法律学科 - ゼミナール紹介

笹川ゼミ

ゼミテーマ:土地の売買契約など財産法に関する事例の検討

笹川 明道 教授

笹川 明道 教授

民法の中でも土地の売買契約のトラブルなど、生活に身近な事例を扱っています。学生は判決文を読み解きながら、その判決の意義を検討し、民法についての知識を広げます。その際、紛争の内容を自らの実生活にかかわるものとして捉え、人生を生き抜く知恵として学びを深めてもらうことを大切にしています。また、年に一回ゼミ対抗の民法討論会を開催。一つの事例に向き合い、自らの力で考えることで、実践の場で活躍できる人材の育成に取り組んでいます。

飯塚 真子(法律学科4年次生)※2016年3月時点の年次です

島根・県立平田高校出身

飯塚 真子

民法は、自分や家族、知人にかかわる身近で興味深い法律。過去事例の法的解決策を探っていく中で、考察力が身につきました。ゼミ生とのディスカッションや民法討論会での発表を経験し、意見を発信する力やコミュニケーション力を高めることができたと思います。

荒島ゼミ

ゼミテーマ:国際法を基に国際社会のあらゆる課題を考察

荒島 千鶴 准教授

荒島 千鶴 准教授

ゼミでは、世界に視野を広げて、国際社会のあらゆる課題について考察する国際法を扱っています。各自関心のあるテーマを選び、文献を集めてレポートを作成。時には、国際法に関連する新聞記事を読んで考察し、意見を発表してもらうこともあります。ゼミでの学びを通じ、多角的に物事を見る力を養成。自分の考えにしっかりとした根拠を持ち、それを相手が理解できるように説明するプレゼンテーション力を高めてほしいです。

藤原 真也(法律学科3年次生)※2016年3月時点の年次です

兵庫・県立高砂高校出身

藤原 真也

中国とフィリピンの南沙諸島に関する国際問題について研究しています。領有権問題などを国際的な観点から考えることで、視野が広がりました。ゼミは先生との距離が近く、発言しやすい雰囲気。将来は、国際社会に貢献できる存在になりたいです。

ページトップへ