1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 経済学研究科

経済学研究科

経済・経営の専門知識を修得し、社会で即戦力となる人材を目指す

経済学専攻は、経済理論・経済政策や他の応用分野、経営学専攻は、経営学理論を中心に会計学や経営科学などを学びます。他の専攻分野の単位も一部修得可能です。卒業後は、税理士をはじめとした専門職や実業界など、即戦力として活躍しています。

<理念>
経済学研究科は、建学の精神「真理愛好・個性尊重」のもと、経済学・経営学の分野における研究を推進し、真理探究に努めるとともに、個性豊かな良識ある高度専門職業人を育成する。

<目的>
経済学研究科の目的は、経済学・経営学に関する高度な専門知識と分析手法を修得し、広く社会に貢献できる有為な高度専門職業人を育成することとする。

研究科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

修士課程

経済学研究科が定める修了要件を満たすとともに、次の達成目標に関する最終試験に合格した者に修士の学位を授与する。

  1. 知識・理解
    経済学・経営学に関する高度な専門知識を有する。
  2. 思考・判断
    経済学・経営学の学問領域の高度な研究方法をもって、自ら設定した課題を総合的に考察することができる。
  3. 関心・意欲
    修得した高度な専門知識を社会で応用することに関心があり、社会の発展に貢献したいと考えている。
  4. 技能・表現
    修得した高度な専門知識を社会に向けて的確かつ簡明に伝えることができる。
博士後期課程

経済学・経営学の高度な専門知識を修得し、研究者として独創的な研究を行い、社会の発展に貢献できる能力を持つとともに、研究科が定める修了要件を満たすことによって、博士の学位を授与する。

研究科の教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

修士課程

次の教育方針にしたがい、特殊講義、演習、外国文献研究を設ける。

  1. それぞれの分野の高度な専門知識を修得するとともに、情報収集分析能力、口頭表現能力、文章表現能力、論文作成能力を獲得するため、特殊講義、外国文献研究を体系的に設ける。
  2. 高度な専門知識の修得と研究能力の涵養を目的として、専攻科目の演習を設ける。
博士後期課程

次の教育方針にしたがい、特殊研究、研究指導を設ける。

  1. より高度な専門知識を修得し、研究能力を獲得するため、特殊研究を設ける。
  2. 高度な専門知識を修得し、研究者として独創的な研究を行うことができるよう、指導教員による研究指導を行う。
  3. 神戸学院大学大学院経済学研究科規則(抄)

    (研究科の目的)
    第1条の2 研究科の目的は、経済学及び経営学に関する高度な専門知識と分析手法を修得し、広く社会に貢献できる有為な人材を養成することとする。

ページトップへ