1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. グローバル・コミュニケーション学部
  4. グローバル・コミュニケーション学科 日本語コース(外国人留学生対象)
  5. カリキュラム

グローバル・コミュニケーション学科 日本語コース‐カリキュラム

日本のビジネスの現場で活躍するために実用的な日本語を修得する

日本のビジネスを体験できる企業インターンシップや3コース協働のプロジェクトなどのカリキュラムで、実用的な日本語を修得。日本語コミュニケーションを学ぶための環境がしっかり整っています。

学びのPOINTS

ポイント01 少人数制クラスで実用的な日本語を学ぶ
少人数制で実践的な日本語クラスを複数開講。日本語の具体的な活用方法などを学びます。また、日本語の多様な表現を視聴し、再現する訓練を徹底的に行います。
ポイント02 インターンシップで日本企業の現場を知る
3年次には、日本の企業でインターンシップ研修を行います。日本のビジネスを体験し、実践力を養います。また、ビジネス対応の日本語も学びます。
ポイント03 3コース協働で卒業プロジェクトを実施
英語コース、中国語コース、日本語コース協働で卒業プロジェクトを実施。日本人の学生や海外留学生とともに行動しながら、問題解決能力を養います。

日本語能力の達成目標

J.TEST実用 日本語検定準A級
BJTビジネス日本語能力 テストJ1レベル

CURRICULUM

プレゼンの準備中も日本語を学ぶ機会が豊富
3コース合同の「入門ゼミナール」ではプレゼンに挑戦。たとえば「神戸と世界との関係」をテーマに、各地のボランティア活動について英語・日本語・中国語で発表。人前に立ち、勉強中の日本語でプレゼンしたことは、とても良い経験に。また、グループには日本人の学生がいるから、リアルな日本語を学ぶことができます。
コミュニケーションに役立つ学びや語学力を修得
歌舞伎や狂言といった日本の伝統芸能や文化とともに、その頃の表現や言葉についても学べるのが「日本語コース入門」。例えば、「恵方巻き」はいつ食べ、どんな意味があるのか、といった文化的背景にも触れながら日本語を学びます。こうした知識を増やしていき、日本人とのコミュニケーションを円滑に進めるのに活かせます。
ページトップへ