1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. グローバル・コミュニケーション学部
  4. グローバル・コミュニケーション学科 英語コース
  5. カリキュラム

グローバル・コミュニケーション学科 英語コース‐カリキュラム

国際取引など、グローバルビジネスで通用する優れた英語コミュニケーション能力を培う

英語圏の提携大学への海外研修などを通して文化の異なる人たちとのコミュニケーションに必要なスキルを体得。外国人と自然と触れ合う環境の中で、グローバルビジネスで活躍できる力が総合的に養えるカリキュラムです。

学びのPOINTS

ポイント01 英語力を磨くとともに異文化の知識を深める
会話・読解・表現を徹底的に学ぶことでビジネスで通用する英語力を身につけます。また、言語や英語圏の地域について国際的な知識を深め、異文化理解を促します。
ポイント02 留学やビジネス英語で実践力を身につける
3年次には英語圏の大学へ海外研修を実施し、現地で生きた英語を体得。また、カリキュラムでは実社会に直結した学びも提供。ビジネス対応の英語も学修します。
ポイント03 英語教員などの指導者をめざす
英語教員となるために必須の教員免許状取得をめざせます。「英語科教育法」「道徳教育の指導法」「教育実習」の科目で指導者としての必要なスキルも修得します。

英語能力の達成目標

英検準1級
TOEFL®(iBT)72点( 教職志望者は80点)
TOEIC® 700点以上( 教職志望者は730点以上)

TOPICS

高大連携ポスタープレゼンテーションを実施
「入門ゼミナール」の授業の一環として、10ゼミナールによるポスタープレゼンテーションを開催。学部生とともに神戸学院大学附属高校の特進グローバルコースの学生にも参加してもらい、プレゼンテーションの評価を行いました。終了後、学内で高校生と学部生の昼食会も実施しました。
学部生主導による地域交流イベント
地域の児童や外国人の方を学内に招待して開催された「地域交流イベント」。企画・運営には学生主体のプロジェクトチームを結成。折り紙や書道教室、英語による紙芝居など学生と教員が協力し合い、学外との交流を図りました。

CURRICULUM

海外の映画や曲を鑑賞しながら英語のヒアリング力をアップ
「英語読解」の授業では、教科書のほかに、海外の映画や楽曲などが教材に!映画の1シーンや歌の1フレーズを聞き取り、何を言っているのかを書き出して、ヒアリング力を鍛えます。
商品のアピールから好きなモノまでさまざまなトピックを英語で表現
スピーキング力アップにつながるのが「英語会話」。例えば、通販番組で空想の商品を売るという設定で、商品の特徴を説明したり、スライドショーを作って自分の好きな場所を紹介したり。発表はすべて英語で行います。また、これらの様子を録画したものを見ることで、他の人の発表から気づきを得られることもあります。
ページトップへ