神戸学院大学 > 教育・研究・施設 > 教職教育センター > 教員の養成に係る組織・教員・授業科目

教員の養成に係る組織・教員・授業科目

シラバス検索はこちら

教職に関する科目(栄養学部)

教職に関する科目(栄)
教育課程 学部 学科等 入学定員合計 直近の認定年度 認定を受けている免許状の種類
(免許教科)
栄養学部 栄養学科(うち管理栄養学専攻) 95 平成27年度 栄教一種免
免許法施行規則に定める
科目区分等
 
授業科目 単位数 共通
開設
専任教員 履修
方法
科目 各科目に含める必要事項 学校種 氏名・職名
教職の意義等に関する科目 ・教職の意義及び教員の役割 教職入門 2     中・高 今西幸蔵・教授



















・教員の職務内容(研修、服務及び身分保障等を含む。)
・進路選択に資する各種の機会の提供等
教育の基礎理論に関する科目 ・教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想 教育原論 2   中・高  
教育史   2 中・高 水谷勇・教授
・幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程(障害のある幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む。) 教育心理学 2   中・高 道城裕貴・准教授
青年心理学   2 中・高  
学校心理学                    2 中・高 道城裕貴・准教授
発達心理学U    2 中・高 山上榮子・准教授
発達障害学U   2 中・高 小山正・教授
・教育に関する社会的、制度的又は経営的事項 教育制度論 2    中・高 今西幸蔵・教授
教育課程に関する科目 ・教育課程の意義及び編成の方法 教育課程論 2   中・高  
・道徳及び特別活動に関する内容 道徳教育の指導法 2   中・高  
特別活動の指導法 2   中・高 立田慶裕・教授
・教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。) 教育方法論                   2   中・高 今西幸蔵・教授
生徒指導及び教育相談に関する科目 ・生徒指導の理論及び方法 生徒指導論 2      
・教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む。)の理論及び方法 教育相談 2   中・高 道城裕貴・准教授
栄養教育実習 教育実習事前
・事後指導
1     今西幸蔵・教授
栄養教育実習 1     池田小夜子・教授
教職実践演習 教職実践演習
(栄養教諭)
2     池田小夜子・教授
●単位数   ・教員の免許状取得のための必修科目
(選択必修科目の単位数を含む)
24単位 ●専任教員数(合計)8人
・教員の免許状取得のための選択科目 10単位 ●必要専任教員数 4人

教職に関する科目(栄養学部以外)

教職に関する科目(中高)
教育課程を変更する学科等 学部 学科等 入学
定員
合計
直近の
認定年度
認定を受けている免許状の種類
(免許教科)
法学部
法律学科
1905 平成12年度 中一種免(社会)・高一種免(地理歴史・公民)
経済学部 経済学科 平成12年度 中一種免(社会)・高一種免(地理歴史・公民)
経営学部 経営学科 平成16年度 中一種免(社会)・高一種免(公民・情報)
人文学部 人文学科 平成18年度 中一種免(国語・社会・英語)・高一種免(国語・地理歴史・公民・英語・情報)
人文学部 人間心理学科 平成16年度 高一種免(公民)
現代社会学部 現代社会学科 平成25年度 中一種免(社会)・高一種免(公民)
現代社会学部 社会防災学科 平成25年度 中一種免(社会)・高一種免(公民)
グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科(うち英語コース) 平成26年度 中一種免(英語)・高一種免(英語)
総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 平成26年度 高一種免(福祉)
免許法施行規則に定める
科目区分等
授業科目 単位数 共通
開設
専任教員 履修方法
科目 各科目に含める必要事項 学校種 氏名・職名
教職の意義等に関する科目 ・教職の意義及び教員の役割 教職入門 2 今西幸蔵・教授
・教員の職務内容(研修、服務及び身分保障等を含む。)
・進路選択に資する各種の機会の提供等
教育の基礎理論に関する科目 ・教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想 教育原論 2
教育史 2 水谷勇・教授
・幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程(障害のある幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程を含む。) 教育心理学 2 道城裕貴・准教授
青年心理学 2
学校心理学 2 (道城裕貴・准教授)
発達心理学U 2 山上榮子・准教授
発達障害学U 2 小山正・教授
・教育に関する社会的、制度的又は経営的事項 教育制度論 2 (今西幸蔵・教授)
教育課程及び指導法に関する科目 ・教育課程の意義及び編成の方法 教育課程論 2
・各教科の指導法 社会科・地理歴史科教育法 4 該当教科の指導法について中一種免は、8単位必修。高一種免は、4単位必修。
ただしグローバル・コミュニケーション学部については、中一種免・高一種免とも「*」印の指導法を履修し、すべて必修。
社会科・公民科教育法 4
国語科教育法T 4
国語科教育法U 4
英語科教育法T 4
英語科教育法U 4
英語科教育法T* 2
英語科教育法U* 2
英語科教育法V* 2
英語科教育法W* 2
福祉科教育法 4 小坂享子・教授
情報科教育法 4 大角盛広・教授
・道徳の指導法 道徳教育の指導法 2 ※中一種免のみ
・特別活動の指導法 特別活動の指導法 2 立田慶裕・教授
・教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。) 教育方法論 2 (今西幸蔵・教授)
生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目 ・生徒指導の理論及び方法 生徒・進路指導論 2
・進路指導の理論及び方法
・教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む。)の理論及び方法 教育相談 2 (道城裕貴・准教授)
教育実習 教育実習事前・事後指導 1 (今西幸蔵・教授)
教育実習T 2 (今西幸蔵・教授)
教育実習U 2 (今西幸蔵・教授) ※中一種免必修
教職実践演習 教職実践演習(中・高教諭) 2 (今西幸蔵・教授)
(大角盛広・教授)
●単位数 ・教員の免許状取得のための必修科目
(選択必修科目の単位数を含む)
中一種免 35単位
高一種免 27単位(グローバル・コミュニケーション学部は31単位)
●専任教員数(合計)
7人(経営学部経営学科)
7人(総合リハビリテーション学部社会リハビリテーション学科)
6人(上記以外の学部学科)
・教員の免許状取得のための選択科目 中一種免 10単位
高一種免(国語・英語(人文学部))16単位
高一種免(地理歴史・公民・情報・英語(グローバル・コミュニケーション学部) 12単位
●必要専任教員数 4人

教職課程の運営に係る全学的組織及び各学科等の組織の状況

(1)各組織の概要

組織名称 教職教育センター委員会
目的 教職課程及び博物館学芸員課程の運営に関する事項を審議する。
責任者 教職教育センター所長 古田 恒輔
構成員(役職・人数) 教職教育センター所長1名、教職教育センター副所長(教職課程主任)1名、博物館学芸員課程委員会1名、教務委員1名、図書館運営委員1名、教職課程委員会から1名、博物館学芸員課程委員会から1名
運営方法 【開催頻度】年2回定期開催、その他特に審議事項ある場合は臨時開催 【運営方法】会議開催【審議事項】教職課程及び博物館学芸員課程の運営に関する事項/教務委員1名及び図書館運営委員1名の選出/その他、これらの課程等に関して学長が特に諮問する事項
組織名称 教職課程小委員会
目的 教職課程におけるカリキュラム、授業編成及び教員の配置、教育実習に関すること等、教職課程に関する事項を審議する。
責任者 教職課程主任 今西 幸蔵
構成員(役職・人数) 教職課程主任1名、教職に関する科目を担当する専任教員4名、教科に関する科目を担当する専任教員5名、栄養に係る教育に関する科目を担当する専任教員1名、教職課程を有する学部より学部委員各1名、教職課程を有する研究科より研究科委員各1名
運営方法 【開催頻度】年4回定期開催、その他特に審議事項ある場合は臨時開催【運営方法】会議開催/メール会議開催【審議事項】教職課程におけるカリキュラム、授業編成及び教員の配置等に関する原案作成/教育実習計画及びその指導/教育実習費及びその他費用に関すること/教職課程の履修及び単位認定/教職課程教育サポート室の業務と運営に関すること/その他教職課程に関する事項

(2)(1)で記載した個々の組織の関係図

ページトップへ