神戸学院大学

研究支援

薬学部 徳山教授が「Bio Japan 2017」に出展しました

2017/10/17

展示ブースでの様子
展示ブースでの様子
プレゼンテーションの様子
プレゼンテーションの様子

「Bio Japan 2017/再生医療JAPAN2017」が、10月11日(水)~13日(金)にパシフィコ横浜で開催され、薬学部の徳山尚吾教授が『脳内長鎖脂肪酸受容体GPR40/FFAR1を介した新たなる疼痛制御機構』と題し、プレゼンテーションとポスター展示を行いました。
この展示会は、最先端の研究・成果・製品・技術が出揃い、多くの国際セミナーが開催され、マッチングシステムを使った商談の実施を通して「再生医療」を世界に発信していくアジア最大級のパートナリングイベントです。会期3日間での来場者は、15,711名(事務局発表)にのぼり、企業や大学が様々な情報発信・産学連携活動を行いました。
本学の展示ブースにも多くの来場者が訪れ、製薬企業等の研究者と積極的な意見交換が行われました。今後も企業等との共同研究につながる産学連携活動を推進していきます。