神戸学院大学

教育・研究

カリキュラム・ポリシー

共通教育センターの開講する共通教育科目は、言葉や情報を理解し活用する能力を養成するリテラシー科目群と、基礎的な教養を涵養するリベラルアーツ科目群という2つの科目群によって構成されています。

リテラシー科目群

リテラシー科目群は、【外国語分野】・【情報分野】・【基礎思考分野】・【社会人入門分野】から成ります。

【外国語分野】では、英語・ドイツ語・フランス語・中国語・朝鮮(韓国)語と留学生を対象とした日本語の各科目を提供します。聞く・読む・話す・書く四技能のバランスのとれたコミュニケーション能力の育成を図るとともに、専門教育との関連にも留意しながら授業を進めます。言語の運用能力を身に付けていく過程で、自身と他者の文化を客観的・相対的にとらえる態度や観点を育てます。また、到達水準を客観的に測ることができるよう、各種検定試験に対応した科目も提供します。

【情報分野】では、他者の権利を尊重し、高い倫理性を持ちながら、情報を活用することができるようにします。情報の信憑性を理解し、問題・課題を合理的に解決する判断力を養います。自らの考えを社会に伝える力を養います。また、情報活用力について客観的評価を行うべく、各種検定試験に対応した科目も提供します。

【基礎思考分野】では、文章や数字を通して論理的に思考する能力を向上させます。様々な情報を読みとり、自分の考えを状況に応じて適切に表現し、論理や方程式など数学的手法を活用するための科目を提供します。また、社会の動きや国際情勢を見る目を養うための科目を提供します。

【社会人入門分野】では、就業力を高めるための科目を体系的に提供します。1年次では自己理解や自己分析を通して自分自身のキャリアデザインを考えさせます。2年次では体験プログラムやケーススタディーなどを通して自己理解を深めさせます。3年次ではフィールドワークや講演を通して実践的就業力を向上させます。また、実学的関連科目も提供します。

リベラルアーツ科目群

リベラルアーツ科目群は、【人文科学分野】・【社会科学分野】・【健康科学分野】・【地域学分野】から成ります。それぞれの分野の第1セメスターには入門科目を配置し、第2セメスター以降でさまざまな科目を提供します。また、各分野とも少人数で特定のテーマを掘り下げるための演習科目を提供します。演習科目では所属学部以外の学生と共に学ぶことを可能とします。

【人文科学分野】では、欧米・アジア・アフリカ・日本のさまざまな社会や文化を学ぶための科目を提供します。

【社会科学分野】では、現代社会を法律・政治や経済・経営などの側面から学ぶための科目を提供します。

【健康科学分野】では、心理学・リハビリテーション学・栄養学・薬学などの領域に属する科目を提供します。また、スポーツ科学の領域ではさまざまなスポーツやトレーニングを実践し、またその理論を学習するための科目を提供します。

【地域学分野】では、大学周辺の地域を学ぶ地域学に関する科目や、観光都市神戸にある大学で学ぶに相応しい観光学に関する科目、また防災や社会貢献に関する科目などを提供します。