神戸学院大学 > 教育・研究・施設 > キャリア教育センター > キャリア教育(正課)

キャリア教育(正課)

キャリア科目「就業力講座」を開講

学生が自らのキャリアを将来にわたって切り開き、つくり続けていくことができる「就業力」を養成する科目を2012年度から開講しました。1年次はキャリアに関する基礎知識、2年次には自己理解と職業の広がりを、3年次には多くの企業に参加いただき、企業活動を知る機会を設けています。

※就業力とは、どんな仕事(業界・職種)に就いたとしても、社会生活を送っていく上で必要とされる、いわゆる社会人としての基礎能力です。

全ての在学生が「就業力」を身につけられるように共通教育科目として開講

就業力を高めることは、自信の土台作りになり、学部教育での更なるのびが期待できるでしょう。
大学生活の中で、自らの将来の進路を見据えた目標を持ち、充実した大学生活を送るためにも本講座の受講を勧めます。

本学が推し進める就業力科目の進め方

学生一人ひとりが、自身の生き方を考える、人と関わる、問題・課題と関わるなど、さまざまな場面で能力を発揮できるように、学生自身が、立てた目標(PLAN)を自ら実践(DO)し、振り返り(CHECK)の後に自ら改善(ACTION)を繰り返し行うなかで、就業力を醸成し、なりたい自分への成長を促せるような授業を展開します。

実践的な授業で身につく就業力

将来の進路をイメージしながらキャリアアップを図ります。

ページトップへ