神戸学院大学

Students Voice

VOL1
明確な将来の目標
学内外での経験で、将来の目標ができました

家本 綾

家本 綾

栄養学部 栄養学科

就職先 株式会社ロック・フィールド

実践的な授業や
プロジェクトに参加し商品開発職を目指す

学部の学びで一番印象に残っているのは、一度に100食のメニューをつくる大量調理実習の授業です。6人ほどのチームで役割分担をし、制限時間内で各料理を仕上げるタイミングをはかりながら素早く調理することで、作業を効率的に進めることの大切さを学びました。学外では、神戸市が企画する「KOBE“にさんがろく”PROJECT」に有志として参加。地元企業とのコラボレーションで、パンの新商品開発に取り組みました。このプロジェクトを通して、新たな商品を生み出す“産みの苦しみ”を経験するとともに、その楽しさも実感。「自分も商品開発に携わりたい!」と、考えるようになりました。

意中の企業に何度も
通い顔を覚えてもらうまでに

就職活動の際には、早い段階から食品関連企業に志望を絞っていたこともあり、合同企業説明会にも積極的に足を運びました。さまざまな企業の担当者の方から説明を聞くなかで、商品単体を開発・製造するのではなく、お惣菜など、食卓の幸せをサポートできるような企業でメニュー開発の仕事がしたいと考えるようになりました。就職先はまさに、そんな理想にぴったりの企業。第一志望に決めて企業説明会に何度も通った結果、採用担当者の方に顔を覚えてもらえるまでに。キャリアセンターからのアドバイス、“常に笑顔でいること”を最後まで守って面接に臨んだこともあり、内定に結びつけることができました。

家本 綾

先輩からの応援メッセージ

私の場合、合同企業説明会で細かく理念や事業内容を見ていくうちに「ここで働きたい!」と思える企業に出会うことができました。まだやりたいことが決まっていない人は、最初から業界や企業を決めつけずに、幅広く情報収集をすることから始めましょう。

栄養学部 栄養学科 2017年卒業

一覧ページに戻る

Students Voice

家本 綾 迫田 和仁 長澤 大空 濱野 七津未 宇戸 遥香 萩原 悠太 田中 一成 砂田 笑 橘 幸希 田中 光太郎 廣田 有美 栗川 葵 石井 大樹 池田 陽祐