1. 神戸学院大学
  2. 就職支援・キャリアサポート
  3. 先輩の声・就職データ
  4. 私のキャリアのつくり方
  5. Student Voice

Student Voice

総合リハビリテーション学部 医療リハビリテーション学科 理学療法学専攻 池田 陽祐
地道な学習と行動力

「患者さん最優先」
理学療法士としての姿勢を学びました

  • 総合リハビリテーション学部
    医療リハビリテーション学科
    理学療法学専攻
  • 池田 陽祐
  • 就職先 兵庫県立病院
多忙な学業に加え率先してボランティア活動を実施
1年次の初めに解剖学や生理学、運動学などの基礎知識を学びました。その段階では、何の役に立つのかイメージできませんでしたが、解剖学実習などで実際の筋肉の動きを知ることで、理学療法士の業務につながる知見を得ることができました。また、学部の勉強だけでなく、ボランティア活動にも注力。特に、筋肉の働きが衰える難病、「筋ジストロフィー症」の子どもたちやその家族をサポートする「ハッピースマイルクラブ」の立ち上げでは中心的な役割を担い、交流の場を提供してきました。活動を通じて、リハビリの専門家として患者さんの気持ちを最優先する重要性を学ぶことができました。
“当たってくだけろ”精神で難関を突破
4年次に実施される臨床実習の1期目が終わった時期に、兵庫県立病院の職員募集に応募。他の学生に先駆けて試験対策を行いました。まずは、国家試験レベルの筆記試験をパスするために過去問題集を解くなどして準備。面接には“当たってくだけろ”の精神で臨みました。ボランティア活動などで常に自主的に行動してきたことを自信を持って話すことで、結果を出すことができました。公務員でもある兵庫県立病院の職員には、病院内での業務に留まらず、県民の健康・福祉行政に携わる進路も用意されています。将来は理学療法を通して、地域の方々の健やかな暮らしに貢献できる人材になりたいと思います。
先輩からの応援メッセージ
これまでの人生において、“簡単な道”と“困難な道”のどちらかを選択する場合、常に後者を選んできました。そうすることで、理学療法士に必要な力を身につけることができたと思います。
総合リハビリテーション学部 医療リハビリテーション学科 理学療法学専攻※2017年卒業
※医療リハビリテーション学科 理学療法学専攻は、2015年4月に理学療法学科へ改組

Students Voice

ページトップへ