1. 神戸学院大学
  2. 就職支援・キャリアサポート
  3. 先輩の声・就職データ
  4. 私のキャリアのつくり方
  5. Student Voice

Student Voice

法学部 法律学科 スポーツマネジメントユニット 田中 一成
体育会系の実行力

あえて厳しい環境に身を置き、
チャレンジする姿勢が大事

  • 法学部 法律学科
    スポーツマネジメントユニット
  • 田中 一成
  • 就職先 株式会社みずほフィナンシャルグループ
硬式テニス部での活動を通じて社会人としての素養を醸成
本学硬式テニス部は“関西一厳しい”と聞き、タフな環境に身を置いて強くなりたいと入部しました。主務として大学に試合届けを出したり、OBの先輩方に試合のお知らせを連絡したりと、裏方の仕事の大変さを実感。伝統あるクラブを運営するということの誇りや責任感も改めて感じることができました。所属していたスポーツマネジメントユニット※では、授業の一環で行われているイベント「スポーツフェスタ」にもテニスの指導者として参加。学業と部活を両立するなかで、スケジュール管理と計画を立てて行動することの大切さを学びました。
※2017年度からスポーツサイエンス・ユニットに改編
挑戦する姿勢や体育会で培ってきた態度・礼儀で難関を突破
3年次の12月、知り合いの先輩が内定した生命保険会社のインターンシップに参加。金融業務に関する説明を受けた際に、巨額の資金を動かすスケールの大きさや、それを支える地道な営業活動に興味を持ち、金融業界を志望するようになりました。金融業界を中心に採用試験を受け、面接では、相手の目をしっかり見ながら答えることを意識。体育会で長年鍛えられてきたおかげで、自然と礼儀正しい態度で接することができ、面接をクリアしました。これまで、いつも挑戦する姿勢で何事にも取り組んできました。これからも、海外などあえて厳しい環境に身を置き成長していきたいです。
先輩からの応援メッセージ
「落ちたらどうしよう」とネガティブな考え方では、なかなか就職活動はうまくいきません。「自分が企業を選ぶ!」くらいの強い気持ちで臨んでください。すべきことをやり遂げれば結果はついてきます。
法学部 法律学科 2017年卒業

学業とテニスの両立は大変でしたが、 時間をうまく使えるようになったと思います。
本当に多くの方に応援していただきました!

Students Voice

ページトップへ