1. 神戸学院大学
  2. 就職支援・キャリアサポート
  3. 先輩の声・就職データ
  4. 私のキャリアのつくり方
  5. Student Voice

Student Voice

経済学部 経済学科 萩原 悠太
志望動機の明快さ

学内での貴重な経験が、
将来の夢に結びつきました

  • 経済学部 経済学科
  • 萩原 悠太
  • 就職先 株式会社みなと銀行
「オーキャンズ」の代表としてスタッフをまとめ結果を残す
学部では、企業経済コースを選択。「キャリアアップ講座U」の授業で、興味を持った地元企業を調べた際、働いている方々の熱意に触れ、将来は、企業を支援するような仕事に就きたいと考えるようになりました。学業以外では、大学受験のときに、本学のオープンキャンパスで多数の来場者を前に堂々と進行役を務める「オーキャンズ」スタッフに感動したことから、私も加入することに。3年次生のときには約250名の学生スタッフをまとめる代表を務めました。任期中、来場者にアンケートを配布して行う「参加者満足度調査」を導入した結果、平均で5段階中4.5以上の好評価をいただくことができ、メンバーの結束や信頼関係にもつなげることができました。
地元企業を応援する仕事に就きたいと考え地域金融機関を中心に活動
3年次の3月には、複数の就職サイトに登録して就職活動をスタート。エントリーシートの添削やグループディスカッション対策のセミナーなどに積極的に参加しました。地元の中小企業を支えられる地域金融機関を中心に企業説明会に出向き、企業の情報を詳細に調べたうえで疑問点があれば質問するようにしました。そうした活動を進めるなかで第一志望をみなと銀行に決定。面接では入行後に実現したいことなど働くイメージを明確に伝え、「絶対にここで働きたい!」という熱意で挑み内定をいただくことができました。目の前のことに全力で取り組んだ学生時代の経験を活かし、銀行業務でもお客さまの信頼を得られるよう努力していきたいと思います。
先輩からの応援メッセージ
就職活動では、事前準備が一番大事だと感じます。さらには、学生時代に全力で何かに取り組むことも大切です。それらが自信となり、採用試験にも臆することなく臨むことができるでしょう。
経済学部 経済学科 2017年卒業

オーキャンズの仲間。
相手と真摯に向き合い、協力していくことの大切さを学びました。

Students Voice

ページトップへ