1. 神戸学院大学
  2. 就職支援・キャリアサポート
  3. インターンシップ
  4. 単位認定型インターンシップについて

単位認定型インターンシップについて

単位認定型インターンシップについて

本学では、インターンシッププログラムを正課科目として扱い、単位認定します。多様な就業体験を通して、学生たちは働くことに対する理解を深め、将来の進路選択に役立てます。

単位認定型インターンシップの流れ

インターンシップの目的、スケジュール、選考方法、注意事項などを説明します。

インターシップの流れ(3年次)
  1. 申し込み用紙に、参加理由、自己PRなどを書いて提出。書類選考を行います。
  2. 企業実習で何を学ぶか、目標設定を行うとともに、ビジネスマナーなどを受講します。
  3. 各企業のプログラムに沿って就業体験し、仕事に対する理解を深めます。
  4. 参加者全員で学んだことを共有・発表します。就職活動の仲間ができます。

事前研修・事後研修について

事前研修

事前研修は、専門の講師を招き丸二日間実施します。
初日は、実習先企業で失礼なくインターンシップが出来るようにということを前提に、敬語の使い方、メモの取り方、電話対応など初歩的なものから、タイムマネジメント、企業研究など、様々な研修を行います。
2日目の内容は、インターンシップの目的・目標設定、好印象を与える振る舞いなど発展的な内容を行います。

事後研修

事後研修は、専門の講師を招き丸一日間実施します。
インターンシップで学んだこと、発見した自己の課題などを整理し共有するほか、一緒に働きたい人材とはどんな人かなどをグループワークを通して理解していきます。最後にプレゼンテーションを行い、全体での共有を行います。

ページトップへ