1. 神戸学院大学
  2. すべて
  3. 記事詳細

すべて

グローバル・コミュニケーション学部の留学生と港島学園の中学生が京都で交流しました

17.10.10 NEWS

 グローバル・コミュニケーション学部日本語コースの留学生が2日、校外学習で京都を訪れた神戸市立港島学園の8年(中学2年)生と嵐山で合流し、外国人に英語でインタビューしたり、散策を楽しみました。参加したのは、徐桂菊さんら中国、ベトナム、インドネシアからの留学生13人。これまでも同学園で出前授業を行ったり、本学に来てもらうなど交流してきました。
 中学生による外国人へのインタビューは、日頃学んでいる英語を使う実践の場として企画。6、7人の中学生の班に留学生が一人ずつ付き、名前や日本に来た理由を尋ねたり、日本の好きな食べ物などを質問しました。徐さんは「中学生は、アジア系の外国人と日本人を識別するのが難しいようでした。すぐそばまで行って話しかけられずに戻ってくる生徒もいましたが、私たちがついているから大丈夫といって励ましました」「次は、留学生と中学生だけで企画したイベントを開催してみたい」と話しています。



戻る

すべて

ページトップへ