1. 神戸学院大学
  2. イベント報告
  3. 記事詳細

イベント報告

第74回 土曜公開講座が始まりました

17.10.14 NEWS

 「第74回神戸学院大学土曜公開講座」が14日に初日を迎え、一般の方123人が受講しました。
 今期は「私たちのくらしと文化」をテーマに、人文学部、経営学部の先生方がポートアイランドキャンパスで全6回の講座を行います。
 初回は、人文学部の北村 厚准教授が「グローバルな歴史教育と私たちのくらし」と題し、グローバル化という時代を反映した新しい歴史の考え方である「グローバル・ヒストリー」について講義しました。
 「日本史A」「世界史A」が廃止され、近現代史を日本と世界の両方を見据えて学ぶ「歴史総合」が新設されるなど、日本の歴史教育は今、転換点を迎えています。これまでの世界史は、東アジアやヨーロッパなど地域・文化圏ごとの発展を描いていましたが、国境をなくし地球規模で考える歴史がグローバル・ヒストリーです。
 講座では、古代の「ユーラシア大陸の3つの道」から19世紀〜20世紀初頭の「欧米列強のアジア進出、大陸横断鉄道とシベリア鉄道、蒸気船・スエズ運河・パナマ運河による世界の緊密化」まで時代を追いながら、それぞれの時代に起きた史実を交えて、地域同士のつながりや交流、ネットワークなどの成り立ちを解説しました。
 受講者の方からは、「歴史には関心がなかったが、世界史の教科書を読み返したくなるくらい引き込まれた」、「北村先生の豊富な知識量に感服した」などの感想をいただきました。

 次回は10月21日、人文学部 山本恭子准教授による「気持ちを伝える:コミュニケーションの心理学」です。表情、視線といった言葉によらない行動から、他者の気持ちを読み取るヒントについて講義します。皆さまのご参加をお待ちしております。


≪今後の講座予定≫
・10月21日『気持ちを伝える:コミュニケーションの心理学』人文学部 山本恭子准教授
・10月28日『映画館文化の変遷』人文学部 上田 学准教授
・11月11日『作ってみよう!家計のキャッシュ・フロー計算書』経営学部 安井一浩教授
・11月18日『地域愛、地域ブランドが幸せをつくる』経営学部 辻 幸恵教授
・12月16日『昨今の世界観光事情』経営学部 中村裕昭教授

土曜公開講座について詳細はこちら



戻る

イベント報告

ページトップへ