1. 神戸学院大学
  2. イベント報告
  3. 記事詳細

イベント報告

トップランナー特別講義で、村上 豪英氏(神戸モトマチ大学 代表兼株式会社村上工務店 代表取締役社長)が講演しました

17.05.24 NEWS

地元神戸の企業経営者の方々をお招きし、どのようなビジョンを持って発展してきたかなどについて語っていただく「地域学講義Y〜トップランナー特別講義〜」。第4回目は、神戸モトマチ大学 代表兼株式会社村上工務店 代表取締役社長 村上 豪英氏が講演しました。「あなたが社会を動かすために」をテーマに、2つの実例を踏まえて社会を動かすためには、本質的な視点を持つことが重要だと語りました。まず1例目は、異業種の方々が互いに講師となり学びを提供し、学びの磁力で人と人を結びつける神戸モトマチ大学。各々の関心が合致した、ゆるやかな関係づくりを生み出すために、村上氏が気をつけているポイントを紹介しました。2例目は神戸の町、そして歴史の象徴でもある東遊園地を舞台に、市民が公園を育てる試みアーバンピクニック。東遊園地芝生化の社会実験を通して行われた、さまざまな取り組みを説明し、公園をただ利用する消費者から、自発的に公園をよくする側になることが、素敵なまちづくりには大切だと話しました。地域一人ひとりが信頼し繋がることに価値があると考える、社会関係資本を創り出す方法を、学生たちに熱く講演された村上氏。最後に「世界はクリエイティブな一握りとその他大勢ではない。私はみんながクリエイトできるまちを創りたい。皆さんも理性ではなく、感性で将来のビジョンを探してほしい。まずは誰にも共感されない、本当に自分だけの個性を見つけ、自分の可能性を広げていってほしい」と語りました。次回5月26日(金)は、有限会社Lusie代表 小泉 寛明氏による講演です。



戻る

イベント報告

ページトップへ