1. 神戸学院大学
  2. イベント報告
  3. 記事詳細

イベント報告

トップランナー特別講義(地域学講義Y)で、神戸フィルムオフィスの松下麻理代表が講演しました

17.05.02 お知らせ

 地元神戸の企業経営者の方々をお招きし、どのようなビジョンを持って発展してきたかなどについて語っていただく「地域学講義Y〜トップランナー特別講義〜」。第2回目の28日は、神戸フィルムオフィスの松下麻理代表が「神戸の魅力をCIVIC PRIDEへ」をテーマに講演しました。
 阪神・淡路大震災をきっかけに、神戸のまちと人が元気なることがしたいと設立された神戸フィルムオフィス。国内外から映像作品の撮影を誘致し、神戸市の公的な窓口として、撮影に必要な支援を無料で提供しています。多様な景観がコンパクトに集まり、様々な魅力がある神戸。松下代表は、フィルムコミッションは地域の「直接的経済効果」「観光集客効果」「文化振興」「市民の誇り」に貢献していることを紹介しました。
 また、撮影時の知られざるエピソードと共に、実際の映像作品を鑑賞。学生たちは、何でもない日常が素晴らしいロケ地に変わることに驚いた様子でした。松下代表は、ロケ地提供だけではなく、地元の方に技術指導を依頼したり、商店街の方と座談会を開いて神戸の歴史や文化をリサーチするなど、市民が関わることでより良い作品にするアイデアも紹介。そして震災20年を迎えた神戸のシンボルマーク「BE KOBE」が作られた経緯を踏まえ、「これからの神戸を作り上げるのは自分たちだという当事者意識を持つことが何よりも大切。神戸の発展のためには、若者がどんどん活躍し、まずは身近なできることから考えて行動する、それが第一歩」だと締めくくりました。
 次回5月12日は、SRDグループ・Kiss FM KOBE代表取締役社長兼グループ会長、横山剛氏の講義です。



戻る

イベント報告

ページトップへ