神戸学院大学 > 教職員採用 > 教育職員採用情報 > 薬学部薬学科【分子薬学部門】 教員採用情報

薬学部薬学科【分子薬学部門】 教員採用情報

求める
教員像
• 建学の精神を遵守し、教学に反映する人
• 学生・教職員間の意思疎通に努め、相互理解を深めようとする人
• 学生の悩みやニーズに向き合い、真摯に相談相手になろうとする人
• 学生の知的好奇心を触発し、将来の進路を示そうとする人
• 社会的常識や倫理観を備え、良識を育もうとする人
• よりよい教育活動と研究活動に努めようとする人
• 自らの知見を大学運営や社会貢献に活かそうとする人
• 大学は学生が主体的に学ぶ場であることを認識できる人
分野 分子薬学部門
担当予定科目 着任時は3年次前期開講「有機化合物の性質と反応W」の講義,2・3年次配当演習実習(化学系),卒業研究の指導などを担当していただきます。2年目以降は、他の有機化学関連科目のいずれかを担当していただきます。
所属学部・学科 薬学部・薬学科(分子薬学部門)
採用職名 教授(大学院薬学研究科兼任*)
*大学院薬学研究科担当教員の任用は採用後、別途審査があります。
採用人数 1名
採用予定日 2018年4月1日
勤務地 神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス
応募資格 ・有機化学関連領域での研究実績を持ち、博士の学位を有すること。
・大学などの教育研究機関において、相応の教育研究経験(有機化学系専門科目を10年以上担当した経験を有することを含む)を有し、薬剤師免許を有する人が望ましい。
提出書類 (1)履歴書(本学所定:下記よりダウンロードしてください)
   別紙(A4判、様式自由)にて、所属学会名、e-mail アドレスを明記して、写真を添付ください。
(2)教育・研究業績一覧表(本学所定:下記よりダウンロードしてください)
   原著論文、総説、著書、その他に分けて記載。共著者全員の氏名を掲載順に記載し、
   自身にはアンダーラインをつける。原著論文については、掲載雑誌のインパクトファクターを
   記して、分担分を明記してください。
(3)過去10年間の競争的資金導入実績(A4判、様式自由)
   代表と分担に分け、研究課題と助成金額を記載してください。
(4)主要論文10編の別刷り(コピー可)
(5)研究の概要と将来展望(A4判4,000字以内)
(6)教育活動の実績(担当講義名及び実習名)
(7)教育に関する抱負(A4判4,000字以内)
(8)推薦書(1通)客観的評価を行える人物からの推薦書
   不明な点があるときは問い合わせることがあります。
   推薦書の宛先は学部長(山崎 裕康)A4判、様式自由
提出期限 2017年10月31日(火)必着
提出先 〒650−8586
神戸市中央区港島1−1−3
神戸学院大学薬学部長 山崎 裕康 宛
電 話(078)974−1551(代表)
FAX(078)974−4661
※封筒に「分子薬学部門教員応募書類在中」と朱書きし、書留郵便でご送付ください。
選考方法 1)第1次選考は書類審査を行います。
  選考の過程で追加書類の提出をお願いする場合があります。

2)第2次選考は面接を行います。
  30分程度のプレゼンテーション、模擬授業などをお願いすることがあります。
  面接等に際し、国内に限り「神戸学院大学旅費支給内規」による交通費等を支給します。
選考結果の通知 第1次選考結果については2017年11月下旬までに、第2次選考結果については2017年12月下旬ごろまでに、直接ご本人に通知致します。
問い合わせ先 神戸学院大学薬学部長室(FAX又はメールでお願い致します)
FAX(078)974ー4661
E−Mail:chisam(アットマーク)pharm.kobegakuin.ac.jp
※スパムメール送付アドレス収集対策のため、上記のような記載法をとっております。メール送信に際しては、(アットマーク)を@に置き換えてください。
その他 (1)応募書類にて収集した個人情報に関しては、採用選考のために限定して使用致します。
(2)応募書類はお返し致しません。
 返却を希望される場合には、返却先住所・氏名を明記し、所定の切手を貼付した封筒を同封してください。
(3)ご提出いただきました書類は、厳重に保管・管理し、審査後は、本学で作成したコピーを含め、所定の方法で破棄致します。
履歴書 Excel版
PDF版
履歴書(記入例) 記入例(PDF版)
教育研究業績書 Excel版
PDF版
教育研究業績書(記入例) 記入例(PDF版)
ページトップへ