神戸学院大学 > 教職員採用 > 教育職員採用情報 > グローバル・コミュニケーション学部専任教員採用情報【英語コース】

グローバル・コミュニケーション学部専任教員採用情報【英語コース】

求める
教員像
• 建学の精神を遵守し、教学に反映する人
• 学生・教職員間の意思疎通に努め、相互理解を深めようとする人
• 学生の悩みやニーズに向き合い、真摯に相談相手になろうとする人
• 学生の知的好奇心を触発し、将来の進路を示そうとする人
• 社会的常識や倫理観を備え、良識を育もうとする人
• よりよい教育活動と研究活動に努めようとする人
• 自らの知見を大学運営や社会貢献に活かそうとする人
• 大学は学生が主体的に学ぶ場であることを認識できる人
主な担当科目・
業務内容
通訳・翻訳の技法、英語会話I II III IV、英語専攻演習I、II、III、IV、入門ゼミナール、海外語学研修事前指導・フォローアップなどの授業の他、学生指導、各種委員会活動、学部での各種イベントの企画と実行、海外英語研修プログラムの立案、短期研修の引率など。
採用予定人数 1名
採用職名 教授または准教授
採用予定日 2018年4月1日
勤務地 神戸学院大学 ポートアイランドキャンパス
応募資格 以下のすべてに該当すること。
1)応用言語学またはその関連分野で、博士号を取得していること。もしくは、同分野で修士号の取得後、3年以上研究歴があること。
2)英語を母語とする者、またはそれと同等の英語運用能力を有する者(英語を母語としない場合は、英語圏に正規留学の経験があること)。
3)英語圏の大学において3年以上の教育歴を有すること。
4)大学レベルでのインバウンド・アウトバウンド留学に関する実務経験を有すること。
5)言語教育以外のグローバル・コミュニケーションに関わる分野(心理学、宗教学、マーケティング、ツーリズムなど)に精通していることが望ましい。
6)採用後に神戸市内または本学に通勤可能な地域に居住すること。
選考 ■第1次書類による選考
[提出書類]
1)履歴書(日本語、本学所定様式*)  1部
2)教育研究業績書(日本語、本学所定様式*)  1部
※主要な教育研究業績3点に◎をつけて下さい。
3)主要な教育研究業績3点  各3部
※抜刷またはコピーでも可。教科書、研修マニュアルなど教育業績を1点含めること。
4)「神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部での教育に対する抱負」 1部(英語で500words以内、日本語を母語としない方の場合には日本語で1500字以内)
5)自己推薦書(英語で500 words以内、末尾に推薦者として問い合わせ可能な方2名の所属、住所、電話番号、e-mailアドレスを記載)  1部
6)最終学歴の修了を証明する書類または学位記のコピー   各1部
7)写真[タテ4cm×ヨコ3cm]1枚(写真裏面に氏名を記載のこと)
8)連絡可能な電子メールアドレスを記載した別紙を添付すること。  1部
*1)および2)の様式については、以下のリンクよりダウンロードしてください。

[書類提出締切日]
2017年6月16日(金)必着

■第2次面接および模擬授業による選考
[選考方法]
書類審査の後、必要に応じて面接と模擬授業を実施します。面接の際には学位記の現物を提示いただきます。

※面接場所・時間等については、第1次選考通過者にのみお知らせします。
※面接等に際し、国内に限り「神戸学院大学旅費支給内規」による交通費等を支給します。

[選考結果の通知]
選考手続き終了後、本人に通知します。なお、応募の秘密は厳守します。
書類提出先 〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3
神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部長室 宛

(封書に「グローバル・コミュニケーション学部英語教員(P)応募書類在中」と朱書し、書留またはレターパックプラスで郵送のこと)
なお、応募書類は原則として返却いたしません。返却を希望される場合は、返却先住所・氏名を明記し、所定の切手を貼付した封筒を同封してください。
また、応募書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的には使用いたしません。
問い合わせ先 神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部長室
 Email: g-commu@j.kobegakuin.ac.jp

※メールの件名に用件を必ず明記してください。
※土日祝日は、返信できません。ご了承ください。
その他 ※応募書類にて収集した個人情報に関しては、採用選考のために限定して使用いたします。選考終了後は本学所定の方法で破棄いたします。
履歴書 Excel版
PDF版
履歴書(記入例) 記入例(PDF版)
教育研究業績書 Excel版
PDF版
教育研究業績書(記入例) 記入例(PDF版)
ページトップへ