ima.gine 2月 | 神戸学院の魅力 | 神戸学院大学 入試情報サイト

MENU

神戸学院の魅力

ima.gine 2月

学んだことを生かせる未来へ!先輩たちの就活体験記

大学での学びを通じて進みたい道を見つけ、夢をつかんだ先輩たち。チャレンジを続ける彼らの体験談を紹介します。

「意欲ある学生を徹底的にサポートしてくれる環境が神戸学院大学にはある。」

法学部法律学科 4年次生※ 金岡悠人さん(愛媛・県立伊予高校出身)内定先 野村證券株式会社

  • ※2016年度取材時

私の内定ストーリー

  • ー 進みたい道を見つけるまで ー 情熱をもって成長し続けられる環境に惹かれて証券業界を志望。なかでも株、投資信託、保険、リゾート施設、老人保健施設などを幅広く紹介することで、お客様の人生に寄り添えることに魅力を感じ野村證券が第一志望に。
  • ー 成長を感じたとき ー まだ志望が固まる前、自信があったのに3次面接で落ちたのがショックで、3日間家に閉じこもりました。しかしその間に自分に欠けている点があったからだと反省し、改めて自己分析や業界研究、面接練習に励みました。
  • ー 進みたい道へチャレンジ ー 「就活塾(注)」で面接やグループディスカッション、SPIなどの対策を徹底的にサポートしてもらいました。模擬面接官に「言いたいことが抽象的過ぎて伝わってこない」などの指摘を受け、本番には具体的に伝わるよう意識して臨めました。
  • (注)就活塾とは…就職活動を学生自ら考え、より高い目標をもって行動できるようサポートを行う神戸学院大学のキャリア支援

キャリアセンターの皆さんに支えられた就職活動でした。

高校生へメッセージ

勉強から逃げてきた自分を変えたいと、課外講座で行政書士など難関資格の取得に挑戦し、学ぶ楽しさも知りました。神戸学院大学は意欲ある学生を徹底的にサポートしてくれます。選んで良かったと思える大学ですよ。

  • (注)就活塾とは…就職活動を学生自ら考え、より高い目標をもって行動できるようサポートを行う神戸学院大学のキャリア支援

「何にでも積極的に挑戦し医療人に大切な人間性を磨けたことが内定のカギに。」

栄養学部栄養学科 4年次生※ 飛田晴香さん(島根・県立出雲高校出身)内定先 兵庫県庁(臨床検査技師)

  • ※2016年度取材時

私の内定ストーリー

  • ー 進みたい道を見つけるまで ー 実習を通し、検査業務の重要性を感じ、臨床検査技師をめざすように。兵庫県は高度医療をはじめ幅広い医療を展開しており、臨床検査技師としてより良い技術を身につけることができると考えたため第一志望になりました。
  • ー 成長を感じたとき ー 学部の連絡会に所属しイベントやボランティア活動を経験するなど、大学生活を通して「何事もやってみる」という姿勢が身につきました。おかげで実習にも積極的に取り組め、専門性はもちろん医療人として大切な人間性も磨けたと思います。
  • ー 進みたい道へチャレンジ ー 模擬面接で受けた助言をもとに、自分自身の大学生活がいかに充実しているかを伝え、私という人間を全面的にアピールして内定を獲得。人の役に立てるよう、常に患者さんの立場になって考えられる医療従事者になりたいです。

現在は国家試験に向けて勉強中。対策指導も手厚いです。

高校生へメッセージ

さまざまな学部生と出会い、視野が広がるのも総合大学ならでは。特に神戸学院大学には、課外活動など多くの人と関わるチャンスもあります。なんでも積極的に飛び込めば、大きく成長でき、楽しい大学生活を送れますよ。

「就職活動は準備がカギ。 選考当日までにできることは すべて整え理想を実現。」

経営学部経営学科 4年次生※ 小林光さん(兵庫・姫路市立飾磨高校出身)内定先 明治安田生命保険相互会社

  • ※2016年度取材時

私の内定ストーリー

  • ー 進みたい道を見つけるまで ー 学内で行われる業界説明会には毎回参加し、少しでも興味のある企業の説明会にはすべて参加しました。お客さんの人生を支えられる保険業界に魅力を覚え、なかでも人間性を大切にする印象が強かった明治安田生命を志望。
  • ー 成長を感じたとき ー 就職活動を始めた3年次の秋以降は、授業のある日は必ずキャリアセンターに通っていました。情報はもちろん、ちょっとした悩みも相談できたり先輩からのアドバイスも閲覧できたりし、モチベーションを保つことができました。
  • ー 進みたい道へチャレンジ ー 就職活動は準備次第だと「就活塾(注)」の先生から厳しく言われたので、選考当日までにできることはすべてやり遂げました。おかげで緊張はしたものの自己PRや志望動機も落ち着いて話せ、良い結果に結びつきました。
  • (注)就活塾とは…就職活動を学生自ら考え、より高い目標をもって行動できるようサポートを行う神戸学院大学のキャリア支援

細やかなスケジュール管理を心がけ、努力を重ねました。

高校生へメッセージ

私は神戸学院大学で、自ら動いてみるという行動学習の大切さを学びました。教職員の方々はフレンドリーで質問や相談もしやすく、学ぶための環境が整っています。間違いなく世界が広がるので、ぜひ飛び込んでみてください!

  • (注)就活塾とは…就職活動を学生自ら考え、より高い目標をもって行動できるようサポートを行う神戸学院大学のキャリア支援

「多くの方々に別の視点から面接の助言をもらえた結果、自分の力を100%発揮できた。」

薬学部薬学科 6年次生※ 長澤大空さん(広島・広島城北高校出身)内定先 第一三共株式会社

  • ※2016年度取材時

私の内定ストーリー

  • ー 進みたい道を見つけるまで ー 尊敬する部活の先輩から話を伺い、コミュニケーション能力が重要な製薬会社のMR職に憧れをもつように。いくつもの企業でインターンシップを経験するなかで、社員の方々の誠実さに惹かれた第一三共が本命になりました。
  • ー 成長を感じたとき ー キャリアセンターでは多くのスタッフの方に本番さながらの雰囲気で面接練習をしてもらい、それぞれの異なる視点からアドバイスをいただきました。おかげで本番も緊張することなく自分の力を100%発揮できたと思います。
  • ー 進みたい道へチャレンジ ー 過去を振り返り将来の理想像を考えた結果、「多くの人に影響を与えること」が自分の原動力だと認識。面接でも高校や大学のサッカー部でキャプテンを務めたリーダーシップをアピールし、なりたいMR像を伝えました。

C号館には学部独自の就職情報資料も豊富。

高校生へメッセージ

大学生活は、将来を考える大切な時間です。「こんなことをやりたい」「こうなりたい」という感覚は誰もがもてるものではありません。自分の欲求を大切にして、皆さんが夢に向かって突き進めるよう応援しています!