MENU

神戸学院の魅力

KOBE GAKUIN NAVI

オンもオフも、120%充実!

KOBEGAKUIN 120%CAMPUS LIFE合田 七海 現代社会学部 社会防災学科 2年次生

将来、人の力になるために、救命処置などを必死に学ぶ現代社会学部、合田七海のもうひとつの顔は防災女子。

合田 七海 現代社会学部 社会防災学科 2年次生

非常食の美味しい食べ方を考えたり、
女子目線で、街の防災力を高めていく。

「防災女子」とは、防災・社会貢献ユニットと社会防災学科の女子学生たちが昨年スタートさせた活動のこと。

「防災という地域の問題に、女子目線でいままでと違う答えが出せないか。そんなことをみんなで楽しみながら考えています」と話す合田さん。

例えば、賞味期限が近づいた非常食を、美味しく食べて活用できるアレンジレシピを考えるのも、彼女たちの活動のひとつ。 「みんなで非常食を食べながら考えるので、次々にアイデアが生まれて面白いんですよ。次は、神戸市内の女性もたくさん集めて非常食レシピの会を行うつもりです」。

自分たちならではのアイデアが誇らしく、知らないことに挑戦してどんどん知識が増えていくのが面白い。防災女子としての彼女の活動は、今後ますますアツくなっていきそうです。

※防災・社会貢献ユニットは2014年4月から現代社会学部社会防災学科としてスタートしました。

合田さんの120%充実LIFE

防災女子

ピンクのポロシャツを着込んで
18人の仲間たちと活動

各地の防災イベントに参加してアイデアを発表。最近はポリ袋にお米を入れ、沸騰したお湯に入れて炊く手軽な災害食を提案しました。

防災女子

東北ボランティア

大学で募集されていた
東北ボランティアに参加

昨年は8月と12月に東北へ行き、現地で支援活動。仮設住宅の人たちとお話しして、もっと関わっていきたい想いが強くなりました。

東北ボランティア

国連防災世界会議

国連の会議出席に向け
いま必死で準備中!
社会防災学科の有志一同で、会議のための準備に大忙し。自分たちで考えた防災教育のワークショップを一般の人を交えて行う予定です。

他の学生の生活ものぞいてみよう!

キャンパススタイル2015
  • Vol.1 オンもオフも、120%充実!
  • Vol.2 学生の本気を支える資格講座
  • Vol.3 神戸学院でつかんだ、成長のタネ。